本庶ほんじょたすくさんがノーベルしょうしきでメダルをもらう

2018年12月11日 17時40分

本庶佑さんがノーベル賞の式でメダルをもらう
振り仮名表示 オフ オン

スウェーデンのストックホルムで10日とおか今年ことしノーベルしょうわたしきがありました。京都大学きょうとだいがく特別とくべつ教授きょうじゅ本庶ほんじょたすくさんとアメリカのジェームズ・アリソンさんが医学いがく生理せいりがくしょうをもらいました。2人ふたり免疫めんえきちから使つかってがんなお方法ほうほうつけました。

本庶ほんじょさんは着物きものしき出席しゅっせきして、スウェーデンのグスタフ国王こくおうからメダル賞状しょうじょうをもらいました。

本庶ほんじょさんはしきのあとのパーティーで、「わたしたちの研究けんきゅうはじまったばかりです。この研究けんきゅうおおくのひとつづけてもらって、世界せかいひとがんなおことができるようになってほしいとおもいます」とはなしました。

単語たんご

ノーベル賞

  1. 世界せかいの、学問がくもん平和へいわのためにりっぱな仕事しごとをしたひとに、毎年まいとしあたえられるしょう化学者かがくしゃノーベルの遺言ゆいごんで、この制度せいどができた。

メダル

  1. 金属きんぞくいたに、文字もじなどをうきぼりにしたもの。記念品きねんひん賞品しょうひんなどにする。

教授

  1. 大学だいがく先生せんせい
  2. ひとにものをおしえること。また、そのひと

生理

  1. 生物せいぶつきていくうえでのからだのいろいろなはたらき。

  1. まなぶ。
  2. 知識ちしき
  3. 勉強べんきょうするところ

  1. ほめる。たたえる。
  2. ほうび。
  3. あじわってたのしむ。

免疫

  1. 病気びょうきにかかりにくくしているからだのはたらき。まえ一度いちどその病気びょうきにかかったり、予防接種よぼうせっしゅけたりするとできる。
  2. それにれてしまって、にしなくなること。

がん

  1. 悪性あくせいのはれものができる病気びょうきからだなかにできたがん細胞さいぼうがどんどんえてからだがいをあたえる。

治す

  1. 病気びょうきやけがをよくする。

方法

  1. ものごとをおこなうやりかた。しかた。

国王

  1. くにおさめるおう

賞状

  1. (そのひとの)よい成績せいせきおこないをほめたたえることばをいてあたえるかみ