宇宙うちゅうからものはこんだはじめての日本にっぽんのカプセル

2018年11月27日 17時10分

宇宙から物を運んだ初めての日本のカプセル
振り仮名表示 オフ オン

国際こくさい宇宙うちゅうステーションからものはこ日本にっぽんカプセルは11がつ11にち地球ちきゅうもどってきました。カプセルなかには、病気びょうきなお研究けんきゅうのために宇宙うちゅうつくったたんぱくしつはいっていました。

27にち、JAXAはカプセルをみんなにせました。

カプセルそこが80cmぐらいです。ものなどの温度おんどわらないようにするポットおな技術ぎじゅつ使つかいました。JAXAによると、カプセル地球ちきゅうもど途中とちゅうで2000℃ぐらいになりました。しかし、なか温度おんどは4℃のままで、たんぱくしつこわれませんでした。

国際こくさい宇宙うちゅうステーションからカプセル地球ちきゅうものはこ技術ぎじゅつは、いままでアメリカとロシアがっていました。日本にっぽんでははじめてです。

単語たんご

宇宙

  1. 地球ちきゅう太陽たいようほしなどのある、てしなくひろ空間くうかんのこと。地球ちきゅう太陽たいよう中心ちゅうしんにして銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうにあり、この銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうのようなものがたくさんあつまって宇宙うちゅうつくっている。

カプセル

  1. ゼラチンでつくった、筒形つつがたちいさなものくすりなどをれてそのままむ。
  2. 密閉みっぺいしたもの

宇宙ステーション

  1. スペースシャトルなどで宇宙うちゅう旅行りょこうや、宇宙うちゅうでの研究けんきゅう基地きちとして、そのなかでたくさんのひと生活せいかつつづけられるおおきな人工衛星じんこうえいせい

地球

  1. 太陽系たいようけい惑星わくせいひとつ。太陽たいようから三番さんばんめのほしで、わたしたちがんでいる天体てんたい自分じぶんまわりながら(自転じてん)、さらに太陽たいようまわりを365にちまわっている(公転こうてん)。

治す

  1. 病気びょうきやけがをよくする。

たんぱく質

  1. 動植物どうしょくぶつからだつくっている栄養えいようひとつ。にく・ミルク・まめたまご白身しろみなどにおおくふくまれている。

  1. くぼんだもののいちばんした部分ぶぶん
  2. いちばんおくふかいところ。
  3. ものごとのて。かぎり。

温度

  1. あつさやつめたさの度合どあいを数字すうじあらわしたもの。

ポット

  1. つぼ。また、つぼのかたちをしたもの
  2. 魔法まほうびん。