くに許可きょかした会社かいしゃ人工衛星じんこうえいせいげることができる

2018年11月16日 11時30分

国が許可した会社は人工衛星を打ち上げることができる
振り仮名表示 オフ オン

日本にっぽんではいままで、ロケット人工衛星じんこうえいせいげることができるのは、JAXAと三菱重工業みつびしじゅうこうぎょうだけとまっていました。

あたらしい法律ほうりつができて、15にちから、くにから許可きょかをもらった会社かいしゃ人工衛星じんこうえいせいげることができるようになりました。くには、ロケット安全あんぜんなどをチェックして、許可きょかします。

会社かいしゃは、事故じここし場合ばあいのための保険ほけんはいらなければなりません。とてもおおきな被害ひがいて、保険ほけんりない場合ばあいは、くに一部いちぶはらまりもできました。

政府せいふは、宇宙うちゅう関係かんけいする産業さんぎょうを2030ねんごろにいまの2ばいの2ちょう5000おくえんにしたいとかんがえています。

単語たんご

許可

  1. ねがていたことを、よいとゆるすこと。ゆるし。

人工衛星

  1. ロケットでげ、地球ちきゅうまわりをまわるようにした、人間にんげんつくった衛星えいせい宇宙うちゅうのようすや気象きしょうなどを調しらべたり、通信つうしん放送ほうそうなどの電波でんぱ中継ちゅうけい役立やくだてたりする。

打ち上げる

  1. いきおいよく)もの空中くうちゅうげる。
  2. なみものりくはこげる。
  3. 仕事しごとなどを)すっかりえる。

ロケット

  1. つつなかれた火薬かやくなどを爆発ばくはつさせ、うしろへふきすガスのいきおいの反動はんどうで、かけ。また、それを装置そうちした飛行物体ひこうぶったい

起こす

  1. よこになっていたものを)たせる。
  2. まさせる。
  3. なにかを)はじめる。
  4. しょうじさせる。
  5. ほりかえす。

保険

  1. 大勢おおぜいすこしずつおかねてておき、病気びょうき事故じこなどの災難さいなんにあったひとが、まったおかね仕組しくみ。

被害

  1. 損害そんがいけること。また、けたがい

一部

  1. 全体ぜんたいなかの、ある部分ぶぶん
  2. 新聞しんぶん雑誌ざっしなどをかぞえるときの、ひとつ。

決まり

  1. められていること。規則きそく習慣しゅうかん
  2. しめくくり。おさまり。

政府

  1. くに政治せいじおこなうところ。
  2. 内閣ないかく

宇宙

  1. 地球ちきゅう太陽たいようほしなどのある、てしなくひろ空間くうかんのこと。地球ちきゅう太陽たいよう中心ちゅうしんにして銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうにあり、この銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうのようなものがたくさんあつまって宇宙うちゅうつくっている。

  1. 一億いちおく一万倍いちまんばい
  2. しるし。まえぶれ。