東京都 バスの運転手に脳の病気がないかMRIで調べる

バスの運転手うんてんしゅからだ具合ぐあいわるくなってたおれて、運転うんてんできなくなる事故じこつづいています。

東京都とうきょうと都営とえいバスの運転手うんてんしゅのう検査けんさかならけてもらうことにしました。都営とえいバスには運転手うんてんしゅが2000にん以上いじょういて、60%ぐらいが50さい以上いじょうです。50さい以上いじょうひとは、のう血管けっかん病気びょうきになる可能性かのうせいたかくなるとわれています。

のう検査けんさは3ねんに1かいで、MRIの機械きかい使つかって調しらべます。もしのう問題もんだいつかったら、運転うんてん以外いがい仕事しごとえることもかんがえます。検査けんさ1人ひとりまんえんぐらいかかりますが、東京都とうきょうとがおかねします。

単語たんご

  • あたまなかにあって、かんがえたりからだうごかしたりするはたらきをつところ。
  • あたまのはたらき。
  • 中心ちゅうしんとなるひと

検査

  • わるいところがないかを調しらべること。

血管

  • からだなか血液けつえきながれるくだ動脈どうみゃく静脈じょうみゃく毛細血管もうさいけっかんがある。

可能性

  • その状態じょうたいになりそうなようす。できそうなようす。

関連かんれんニュース

大相撲おおずもう 力士りきしになるための新弟子検査しんでしけんさもうひとがいない

くるま運転うんてんする75さい以上いじょうの5まんにん以上いじょうが「認知症にんちしょう可能性かのうせい

81%のバス会社がいしゃ運転手うんてんしゅりないとかんがえている

普通ふつうのニュース

都営とえいバスばすぜん運転手うんてんしゅのうのMRI検査けんさ義務ぎむづけ 東京都とうきょうと