日本のユニセフ「スポーツをしている子どもを守ろう」

日本にっぽんでは、スポーツの選手せんしゅコーチなどから暴力ぼうりょくやパワーハラスメントをける問題もんだいつづきました。

日本にっぽんユニセフは、スポーツをしているどもをまもために大人おとながどのように指導しどうしたらいいかかんがえました。そして、ユニセフ本部ほんぶ一緒いっしょに10の大切たいせつかんがかたまとめました。

このなかには「試合しあいつことだけが大事だいじだというかんがかたは、どものためによくない場合ばあいがあるため、をつけなければならない」といてあります。ほかにも、「暴力ぼうりょくやパワーハラスメント、きびしすぎる練習れんしゅうなどをなくすために専門せんもん知識ちしきったひとアドバイスなどをする」とか「どもたちが相談そうだんできるところなどをつくる」などといてあります。

日本にっぽんユニセフはこれから、スポーツの団体だんたい学校がっこう会社かいしゃなどのチームにこのかんがかたつたえることにしています。

単語たんご

UNICEF

  • 国連こくれん機関きかんひとつで、世界せかい国々くにぐに不幸ふこうどもたちをたすける活動かつどうをする。

守る

  • がいけないように、ふせぐ。
  • めたとおりにする。

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

コーチ

  • スポーツで、そのやりかたなどをおしえること。また、そのひと

暴力

  • ちからでする、乱暴らんぼうおこない。

守る

  • がいけないように、ふせぐ。
  • めたとおりにする。

指導

  • おしみちびくこと。

本部

  • 団体だんたい組織そしきなどの中心ちゅうしんとなるところ。

まとめる

  • ばらばらだったものをひとつにする。
  • うまく解決かいけつする。
  • ひとつのものとして、きちんと仕上しあげる。

知識

  • ものごとについて、ただしくはっきりっていること。また、っている内容ないよう

アドバイス

  • ちょっとしたことをおしえてたすけること。また、そのことば。助言じょげん

団体

  • 大勢おおぜいひとあつまり。
  • おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

チーム

  • 競技きょうぎ仕事しごとをするときの、くみ団体だんたい

関連かんれんニュース

スポーツちょう おおくの選手せんしゅから暴力ぼうりょく相談そうだんくようにする

さいよりちいさいどもが去年きょねん540まんにんくなる

普通ふつうのニュース

暴力ぼうりょく過度かど練習れんしゅうやめて! ユニセフゆにせふどものスポーツすぽーつ指針ししん