VR技術ぎじゅつみせにいるようにいえものができる

2018年10月31日 11時30分

VR技術で店にいるように家で買い物ができる
振り仮名表示 オフ オン

鳥取県とっとりけん米子市よなごし会社かいしゃが、VR=バーチャルリアリティーの技術ぎじゅつ使つかって、いえにいてもみせにいるようにものができるシステムをつくりました。

このシステムでは、スーパーのたな映像えいぞういえのテレビにうつます。きゃく映像えいぞうながら品物しなものえらんで、パソコンやタブレットでいます。にく野菜やさいなどのもの家庭かてい使つかものなど1500ぐらいの品物しなものうことができます。品物しなものは、ったとどます。

会社かいしゃは11がつから、1人ひとりものくことがむずかしいお年寄としよかよ施設しせつでこのシステム使つかってもらう予定よていです。将来しょうらいちかくにスーパーがないひとたちにも使つかってほしいとかんがえています。

単語たんご

システム

  1. 仕組しくみ。組織そしき
  2. ひとまとまりのわせ。

映像

  1. ひかりによってうつされた、もの姿すがた
  2. あたまなかにうかんだものかたちやようす。イメージ。

映す

  1. ものかたちいろを、ほかのもの表面ひょうめんあらわす。
  2. 映画えいがやスライドを、スクリーンのうえあらわす。

届く

  1. おくったものく。
  2. のばしたものが、つく。
  3. きわたる。
  4. ねがいなどがかなう。

年寄り

  1. としをとったひと老人ろうじん
  2. 力士りきし引退いんたいして、日本にほん相撲すもう協会きょうかい役員やくいんになったひと

施設

  1. 人々ひとびと利用りようできるようにつくった設備せつび