「2030ねんにははたらひとが644まんにんりない」大学だいがくなどが計算けいさん

2018年10月25日 11時30分

「2030年には働く人が644万人足りない」大学などが計算
振り仮名表示 オフ オン

パーソル総合研究所そうごうけんきゅうじょ中央大学ちゅうおうだいがくが、日本にっぽん経済けいざいいまおなじように成長せいちょうつづけた場合ばあいはたらひとがどのくらいりなくなるか計算けいさんをしました。

計算けいさんによると、2030ねんにははたらひとが7000まんにんぐらい必要ひつようですが、はたらくことができるひとは6400まんにんぐらいです。644まんにんりません。

レストランなどのサービス仕事しごとでは400まんにんりません。病院びょういん介護かいごなどの仕事しごとでも187まんにんりません。このため、サービス仕事しごとおおおおきなまちで、はたらひとりなくなるとっています。

中央大学ちゅうおうだいがく先生せんせいは「はたらひとりないと、日本にっぽん経済けいざいわるくなります。くに会社かいしゃは、お年寄としよ女性じょせいがもっとはたらくことができるようにかんがえていかなければなりません」とはなしています。

単語たんご

計算

  1. かずりょうかぞえること。
  2. しきいて、こたえをすこと。
  3. かんがえにれておくこと。

成長

  1. ひと動物どうぶつそだっておおきくなること。
  2. ものごとが発展はってんすること。

サービス

  1. ひとのためにつくすこと。
  2. きゃくをもてなすこと。奉仕ほうし

介護

  1. 病人びょうにんなどを介抱かいほうし、世話せわをすること。

年寄り

  1. としをとったひと老人ろうじん
  2. 力士りきし引退いんたいして、日本にほん相撲すもう協会きょうかい役員やくいんになったひと