災害のときペットと避難する人のためのガイドラインを作る

おおきな地震じしんなどの災害さいがいいえにいることができない場合ばあい、しばらく避難所ひなんじょ生活せいかつします。しかし、避難所ひなんじょでは、れてたペットのこえやにおい、ものなどの問題もんだいトラブルになったことがありました。

くには、ペットと一緒いっしょ避難ひなんするひと準備じゅんびしておくことやをつけることをいたガイドラインをつくりました。

ガイドラインによると、まず、ペットをれてってもいい避難所ひなんじょはどこか調しらべておきます。そして、その避難所ひなんじょまでペットをれて練習れんしゅうもしておきます。いえには、ペットが5日いつか以上いじょう生活せいかつできるぐらいのものみずをいつもいておきます。避難ひなんするとき、ちいさいいぬくびひもバッグなどにれてはこびます。

ガイドラインは、まちなどからペットがいるひとわたすことにしています。

単語たんご

災害

  • 台風たいふう地震じしん大水おおみずなどによる災難さいなん

避難

  • あぶないにあわないように、にげること。

トラブル

  • もめごと。
  • 機械きかいなどの故障こしょう

ひも

  • ものむすんだり、たばねたりするのに使つかう、ふといとのようなもの。

付ける

  • ものが、はなれないようにする。
  • しるしをのこす。
  • きこむ。しるす。
  • くわえる。
  • そっとあとについてく。
  • ものごとをおさめる。
  • 注意ちゅういける。
  • 値段ねだんめる。
  • そばにきそわせる。
  • …しれている。

バッグ

  • にさげたり、かたにかけたりしてあるくかばん。

関連かんれんニュース

北海道ほっかいどう地震じしんから1週間しゅうかん いまも1576にんいえかえれない

大阪府おおさかふおおきな地震じしんから1週間しゅうかん

避難所ひなんじょにいるひとのためにだんボールのベッドをとどける

普通ふつうのニュース

災害さいがいそなペットぺっとフードふーど日分にちぶん準備じゅんびぬしガイドラインがいどらいん