信州大学が「世界で最も赤いりんご」を作る

信州大学しんしゅうだいがくでは5ねんまえから、りんごなかしんまであかい「世界せかいもっとあかりんご」を研究けんきゅうしています。11にち今年ことしできた2種類しゅるいりんごをみんなに紹介しょうかいしました。

研究けんきゅうしている伴野ばんのきよし教授きょうじゅは、1つはちいさくてすっぱいため、ジャムなどをつくるときに使つかうのがいいとっています。もう1つはおおきくてとてもあまいため、そのままべるのがいいとっています。

なかあかりんごはほかにもありますが、この2種類しゅるいりんごには「アントシアニン」というあかいろつく物質ぶっしつがたくさんはいっています。りんご100gのなかに、いちばんおお場合ばあい26.3mgあって、世界せかいもっとおおいとかんがえられています。

伴野ばんの教授きょうじゅは「いろあじがもっとよくなるように研究けんきゅうして、みんながおいしいとおもりんごつくりたいとおもいます」とはなしていました。

単語たんご

りんご

  • さむ地方ちほうつくられる果物くだもの。あまずっぱくて、かおりがよい。五月ごがつごろしろはなき、あきみのる。

  • もの中心ちゅうしんにあるもの。
  • ろうそくなどの、をつける部分ぶぶん
  • からだなか
  • ひとこころ中心ちゅうしん。そのひとのほんとうの性質せいしつ
  • えだやつるのさきにつく部分ぶぶん

種類

  • 共通きょうつうするかたち性質せいしつによってけたもの。

教授

  • 大学だいがく先生せんせい
  • ひとにものをおしえること。また、そのひと

酸っぱい

  • のようなあじがする。すい。

物質

  • たりさわったりすることができるもの。品物しなもの

ミリグラム

  • メートルほうで、おもさの単位たんいひとつ。1グラムの1000ぶんの1。記号きごうは「mg」。

関連かんれんニュース

徳島大学とくしまだいがくむしのコオロギを使つかってパンをつく

普通ふつうのニュース

信州大学しんしゅうだいがくで“世界せかいもっとあかリンゴりんご” お披露目ひろめ