横綱だった輪島さんが亡くなる

大相撲おおずもう横綱よこづなだった輪島わじまさんが70さいくなりました。

輪島わじまさんは石川県いしかわけんまれて、大学生だいがくせい相撲すもう大会たいかいで2ねんつづけて優勝ゆうしょうしました。1970ねん大相撲おおずもうはいって、3ねん横綱よこづなになりました。大学だいがく相撲すもうをしていたひと横綱よこづなになるのははじめてでした。

輪島わじまさんは、ひだり相手あいてげるわざ得意とくいで「黄金おうごんひだり」とばれて、14かい優勝ゆうしょうしました。1981ねん横綱よこづなてからはわか力士りきしそだてていました。しかし、1985ねんにおかね問題もんだい相撲すもう仕事しごとをやめました。そのあとはプロレス試合しあいたり、テレビにたりしていました。

単語たんご

横綱

  • すもうの番付ばんづけで、いちばんうえくらい。また、その力士りきし
  • 1)」が土俵入どひょういりのときに、こしにしめるふといつな。
  • 仲間なかまなかでいちばんすぐれているものひと

大相撲

  • 日本にほん相撲すもう協会きょうかいおこな専門せんもん力士りきしによる相撲すもう
  • 相撲すもうで、なかなかけのまらないちからはいった取組とりくみ

相撲

  • 土俵どひょううえで、二人ふたりみ、相手あいてをたおすか、そとすかして勝負しょうぶめる競技きょうぎ国技こくぎとされる。

大会

  • おおくのひとあつまるかい
  • ある組織そしき全員ぜんいんあつまるかい

優勝

  • 競技きょうぎなどで、一位いちいつこと。

相手

  • ものごとをいっしょにするときのもう一方いっぽうひと
  • あらそったりするときの、もう一方いっぽうがわ

  • 技術ぎじゅつ腕前うでまえ
  • すもうや柔道じゅうどうなどで、相手あいてかすための動作どうさ

得意

  • おもいどおりになって、満足まんぞくしていること。
  • すぐれていること。
  • いつもいにきゃく

黄金

  • きん。こがね。
  • 金貨きんか。おかね

辞める

  • つとめや役目やくめから退しりぞく。

力士

  • すもうをとることを職業しょくぎょうにしているひと。すもうとり。

プロレス

  • 入場料にゅうじょうりょうをとってせるためにおこなうレスリング。

関連かんれんニュース

北海道ほっかいどう福島町ふくしまちょう今年ことし女性じょせい相撲すもう大会たいかいひら

横綱よこづな稀勢きせさとが8つの大会たいかいつづけてやす

がつ大相撲おおずもう御嶽海みたけうみはじめて優勝ゆうしょうする

大相撲おおずもう ジョージア出身しゅっしん栃ノ心とちのしん大関おおぜきになる

普通ふつうのニュース

元横綱もとよこづな 輪島わじま輪島わじま大士ひろしさんが死去しきょ