山へきのこをとりに行った人が亡くなる事故が続いている

今年ことしなつ気温きおんたかくてあめおおかったため、やまではきのこがたくさんとれそうです。

しかし、長野県ながのけんではきのこをとりにったひとやますべってちたり、みちがわからなくなったりする事故じこつづいています。警察けいさつによると、8がつから10がつ4日よっかまでに15にん事故じこあって、8にんくなりました。このなかには、1人ひとりきのこをとりにってくなった75さい男性だんせいもいました。

警察けいさつは、1人ひとりやまかないことや、やまからかえるまでの予定よてい家族かぞくつたえておくことが大事だいじだとっています。そして、やまではすべりやすくて危険きけん斜面しゃめんあるかないようにっています。

単語たんご

  • かげの地面じめんやたおれたなどにえる植物しょくぶつ。シイタケ・マツタケ・ナメコなど食用しょくようになるものと、どくつものなど、種類しゅるいおおい。たいてい、かさのようなかたちをしていて、胞子ほうしえる。

気温

  • 大気たいき空気くうき)の温度おんど

採れる

  • 植物しょくぶつなどがられる。
  • とることができる。

遭う

  • おもいがけないものごとに)たまたまあう。

斜面

  • ななめになっているめん

関連かんれんニュース

フランス モンブランにのぼひと1日いちにちに200にんまで

アメリカのカリフォルニアしゅう たくさんのやま火事かじつづ

インド あめ原因げんいんで6がつ下旬げじゅんからやく800にんくなる

普通ふつうのニュース

きのこりで遭難そうなん相次あいつ豊作ほうさく予想よそう注意ちゅういびかけ