30年以上前に作った金色の犬山城の模型をみんなに見せる

愛知県あいちけん犬山市いぬやましは1987ねん国宝こくほう犬山城いぬやまじょうができてから450ねん記念きねんに、きんぱく使つかってしろ模型もけいつくりました。たかさは1m30cm、おもさは360kgぐらいで、3000まんえんかかりました。

犬山市いぬやましはこの模型もけいを4かげつぐらいみんなにせていましたが、そのあとは派手はでだという理由りゆうで30ねん以上いじょうみんなにせていませんでした。しかし犬山市いぬやましは、金色きんいろ模型もけいるために観光かんこうひとがいるかもしれないとかんがえて、みんなにせることをめました。

犬山市いぬやましんでいる男性だんせいは「こんなものがあることをらなかったのでびっくりしています。たくさんのひとよろこぶとおもいます」とはなしていました。模型もけいは、12がつ16にちまで犬山市いぬやまし文化史料館ぶんかしりょうかんることができます。

単語たんご

金色

  • きんのように黄色きいろひかっているいろ

模型

  • 実物じつぶつかたち仕組しくみにせてつくったもの。ひながた。

国宝

  • くにたからとくに、くに指定していし、保護ほごしている建物たてもの彫刻ちょうこくなど。

記念

  • おものこしておくこと。また、そのもの

金箔

  • きんかみのようにうすくのばしたもの。

  • むかし大名だいみょうなどが、てきふせぐためにつくったおおがかりな建物たてもの

はで

  • なりなどが、はなやかなようす。
  • おこないなどがおおげさなようす。

観光

  • 景色けしきのよいところ名所めいしょなどを見物けんぶつしてまわること。

関連かんれんニュース

東京とうきょう 相撲すもう文化ぶんか力士りきし生活せいかつ紹介しょうかいするイベント

普通ふつうのニュース

バブリーばぶりー!「黄金おうごん犬山城いぬやまじょう昭和しょうわ62ねん制作せいさく ようやく公開こうかい