台湾の果物の「釈迦頭」を日本でも売ることになる

台湾たいわんでは「釈迦頭しゃかとう」という果物くだものつくっていて、とてもあまくて人気にんきがあります。かたちちいさいふくらみがたくさんあって、仏教ぶっきょうはじめた釈迦しゃかあたまているため、この名前なまえになりました。

釈迦頭しゃかとうはすぐわるくなってしまうため、台湾たいわんだけでっていました。しかし、こおせる技術ぎじゅつができて、去年きょねんからアメリカに輸出ゆしゅつしています。そして、これから日本にっぽんにも輸出ゆしゅつすることになりました。台湾たいわん果物くだものなどをつくっているひと団体だんたいは「今月こんげつから日本にっぽんおおきなスーパーやデパートでることができるとおもいます」とはなしています。

日本にっぽんんでいる台湾たいわん男性だんせいは「釈迦頭しゃかとうシャーベットのようで、とてもおいしいです。日本にっぽんうことができるようになって、うれしいです」とはなしていました。

単語たんご

人気

  • なかひとたちのよい評判ひょうばん

膨らむ

  • なかからがって、おおきくなる。ふくれておおきくなる。

仏教

  • 世界せかい三大宗教さんだいしゅうきょうひとつ。紀元前きげんぜん500ねんごろ、インドで釈迦しゃかいたおしえ。日本にっぽんには、ろく世紀せいきなかごろ中国ちゅうごくとおしてつたわった。

凍る

  • さむさのために、みずなどの液体えきたいかたまる。こおりになる。

団体

  • 大勢おおぜいひとあつまり。
  • おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

シャーベット

  • 果物くだもののしるに、砂糖さとうなどをれてこおらせたかし。

関連かんれんニュース

あめ被害ひがいがあったまちのために台湾たいわんから2000まんえん寄付きふ

ちいさいジェット「ホンダジェット」を日本にっぽんでも

日本にっぽんんでいる外国人がいこくじんは263まんにん 日本にっぽん人口じんこうの2%

中国ちゅうごく広州こうしゅう日本にっぽん観光かんこうもの紹介しょうかいするイベント

外国人がいこくじんがデパートで使つかったおかねいままででいちばんおおくなる

普通ふつうのニュース

おがみたくなるうまさ? 台湾たいわん人気にんきフルーツふるーつ釈迦しゃかあたま」が初来日はつらいにち