京都大学の本庶佑さんがノーベル医学・生理学賞をもらう

京都大学きょうとだいがく特別とくべつ教授きょうじゅ本庶ほんじょたすくさんが、今年ことしノーベルしょう医学いがく生理せいりがくしょうをもらうことになりました。本庶ほんじょさんは76さいで、京都市きょうとしまれました。

ひとからだなかにある免疫めんえき細胞さいぼうは、そとからインフルエンザウイルスなどがはいると、攻撃こうげきして病気びょうきなおます。本庶ほんじょさんは1992ねん免疫めんえき細胞さいぼうなかに「PD-1」という物質ぶっしつがあることをつけました。そして、この物質ぶっしつはたらきをめると、免疫めんえきがよくはたらくようになることをつけました。がん細胞さいぼうは、この物質ぶっしつ使つかって免疫めんえき細胞さいぼうから攻撃こうげきされないようにしていることもわかりました。

この研究けんきゅうから、免疫めんえき細胞さいぼうがん細胞さいぼう攻撃こうげきするようにする「オプジーボ」というあたらしいくすりができました。

本庶ほんじょさんとおな研究けんきゅうをしたアメリカのジェームズ・アリソンさんも一緒いっしょノーベルしょうをもらいます。

本庶ほんじょさんは「このくすり病気びょうきがよくなったひとから、あなたのおかげですとわれることがあります。そんなときは、自分じぶん研究けんきゅう本当ほんとう意味いみがあったとおもいます」とはなしていました。

単語たんご

教授

  • 大学だいがく先生せんせい
  • ひとにものをおしえること。また、そのひと

ノーベル賞

  • 世界せかいの、学問がくもん平和へいわのためにりっぱな仕事しごとをしたひとに、毎年まいとしあたえられるしょう化学者かがくしゃノーベルの遺言ゆいごんで、この制度せいどができた。

生理

  • 生物せいぶつきていくうえでのからだのいろいろなはたらき。

  • まなぶ。
  • 知識ちしき
  • 勉強べんきょうするところ

  • ほめる。たたえる。
  • ほうび。
  • あじわってたのしむ。

免疫

  • 病気びょうきにかかりにくくしているからだのはたらき。まえ一度いちどその病気びょうきにかかったり、予防接種よぼうせっしゅけたりするとできる。
  • それにれてしまって、にしなくなること。

細胞

  • 生物せいぶつからだてている、いちばんちいさい単位たんい

インフルエンザ

  • のどや気管きかんなどが、ウイルスによってただれる病気びょうき。かぜにているが、たかねつて、うつりやすい。流行性感冒りゅうこうせいかんぼう流感りゅうかん

ウイルス

  • 日本脳炎にほんのうえんやインフルエンザなどの病気びょうきこす、ふつうの顕微鏡けんびきょうではえないような、非常ひじょうちいさな生物せいぶつ。ビールス。

攻撃

  • 相手あいてめること。
  • ひと欠点けってんあやまりをめること。

治す

  • 病気びょうきやけがをよくする。

物質

  • たりさわったりすることができるもの。品物しなもの

がん

  • 悪性あくせいのはれものができる病気びょうきからだなかにできたがん細胞さいぼうがどんどんえてからだがいをあたえる。

関連かんれんニュース

iPS細胞さいぼうでパーキンソンびょう治療ちりょうする試験しけん

iPS細胞さいぼう心臓しんぞう病気びょうき治療ちりょうをすることがまる

普通ふつうのニュース

ノーベルのーべる医学いがく生理学せいりがくしょうほんしょゆうやさん 京大きょうだい特別とくべつ教授きょうじゅ