日本のたくさんの所にアライグマが住んでいる

アライグマはきたアメリカでまれた動物どうぶつで、日本にっぽんにたくさん輸入ゆにゅうされてペットになっています。しかし、てられたりげたりしたアライグマが、いろいろなところはたけ野菜やさい果物くだものべたり、建物たてもの天井てんじょうあなをあけたりしています。

環境省かんきょうしょうは、2010ねんから2017ねんまで、アライグマをたりつかまえたりした場所ばしょ調しらべました。その結果けっか秋田県あきたけん高知県こうちけん沖縄県おきなわけん以外いがいの44の都道府県とどうふけんんでいることがわかりました。そのまえ調しらべたときは、35の都道府県とどうふけんんでいました。

環境省かんきょうしょうは、アライグマがんでいる場所ばしょおおくなっていて、ほかの動物どうぶつひと生活せいかつ被害ひがいえる心配しんぱいがあるとっています。

単語たんご

  • 野菜やさい穀物こくもつなどをつく土地とち
  • 専門せんもん

天井

  • 部屋へや上部じょうぶいたったもの。また、その部分ぶぶん
  • ものごとのいちばんたかいところ。

  • くぼんだところ
  • こうまでつきぬけている部分ぶぶん
  • よわいところ。
  • そん不足ふそく

環境省

  • 公害こうがいをなくし、自然しぜんまも仕事しごとをするくに役所やくしょ

結果

  • あることがもとになってこったことがらやようす。

都道府県

  • 全国ぜんこくを47にけた区画くかく東京都とうきょうと北海道ほっかいどう大阪府おおさかふ京都府きょうとふと、43のけん

被害

  • 損害そんがいけること。また、けたがい

普通ふつうのニュース

外来種がいらいしゅアライグマあらいぐま 44都道府県とどうふけん確認かくにん 農作物のうさくもつ被害ひがいなど懸念けねん