「特別警報」の正しい意味をわかっている人は半分以下

気象庁きしょうちょうは5ねんまえから、あめがたくさんったりつよかぜいたりして、いままでにないほど危険きけんになっているときに「特別とくべつ警報けいほう」をしています。7がつ日本にっぽん西にし地方ちほうあめがたくさんったときには、11のけん特別とくべつ警報けいほうしました。

静岡大学しずおかだいがく牛山うしやま素行もとゆき教授きょうじゅは、広島県ひろしまけん岡山県おかやまけん福岡県ふくおかけんんでいるひとに、特別とくべつ警報けいほうについてアンケートおこないました。557にんこたえました。その結果けっか特別とくべつ警報けいほうがあることをっているひとは93%でした。しかし、特別とくべつ警報けいほうただしい意味いみっているひとは、47%でした。39%のひとは、「警報けいほう」などとおなじだとおもっていました。

牛山うしやま教授きょうじゅは「特別とくべつ警報けいほうたときはとても危険きけんだということをらないひとがたくさんいます。どんな意味いみおおくのひとつたえなければなりません」とっています。

単語たんご

地方

  • 全体ぜんたいなかで、ある区切くぎられた土地とち
  • 首都しゅとでない土地とち。いなか。

  • 全国ぜんこくけた区切くぎりのひとつ。大阪府おおさかふ京都府きょうとふがある。
  • みやこ。中心地ちゅうしんち
  • 役所やくしょ

教授

  • 大学だいがく先生せんせい
  • ひとにものをおしえること。また、そのひと

アンケート

  • たくさんのひとわせ、こたえをいてもらって、ひとかんがえを調しらべる方法ほうほう

結果

  • あることがもとになってこったことがらやようす。

警報

  • 危険きけんこりそうなときに、警戒けいかいのためにらせ。

関連かんれんニュース

気象庁きしょうちょう 7がつあめあつさは「異常いじょう気象きしょうだった」

インド あめ原因げんいんで6がつ下旬げじゅんからやく800にんくなる

かわ危険きけんらせるいろうすむらさきになったら避難ひなんかんがえて」

普通ふつうのニュース

特別とくべつ警報けいほう 運用うんようねん最大級さいだいきゅう警戒けいかい内容ないよう理解りかい半数はんすう以下いか