スポーツのアジア大会が終わる 日本は75個の金メダル

インドネシアのジャカルタで先月せんげつ18にちはじまったスポーツのアジア大会たいかいには、45のくに地域ちいきから1まん1000にん以上いじょう選手せんしゅあつまりました。オリンピックよりおおい40の競技きょうぎ試合しあい全部ぜんぶわって、2日ふつかよる閉会へいかいしきがありました。

しきでは、水泳すいえい池江いけえ璃花子りかこ選手せんしゅ日本にっぽんはたって会場かいじょうはいりました。18さい池江いけえ選手せんしゅは、選手せんしゅなかもっとおおい6きんメダルって、もっともすばらしい選手せんしゅ「MVP」にえらばれました。日本にっぽんいままでで2番目ばんめおおい75きんメダルりました。

日本にっぽんはこの大会たいかいを、2020ねん東京とうきょうオリンピックまえ大事だいじ大会たいかいだとかんがえていました。ジャカルタはあつくて湿度しつどたかくて、なつ東京とうきょうています。このため、日本にっぽんオリンピックのとき、この大会たいかい経験けいけんやくつようにしたいとかんがえています。

単語たんご

  • 黄色きいろいつやのある、値打ねうちのたか金属きんぞく。こがね。
  • こがねいろ
  • おかね。
  • 1)」のように、だいじな。りっぱな。
  • かなもの。
  • 将棋しょうぎのこまのひとつ。
  • 金曜日きんようび

メダル

  • 金属きんぞくいたに、文字もじなどをうきぼりにしたもの。記念品きねんひん賞品しょうひんなどにする。

地域

  • ある範囲はんい区切くぎられた土地とち

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

競技

  • わざや腕前うでまえを、くらうこと。とくにスポーツで、けをあらそうこと。

閉会

  • かいわること。また、わりにすること。

  • ぬのかみつくり、さおなどのさきにつけて、かざりやじるしとするもの。

大会

  • おおくのひとあつまるかい
  • ある組織そしき全員ぜんいんあつまるかい

湿度

  • 空気中くうきちゅうにふくまれている、水蒸気すいじょうき割合わりあい

関連かんれんニュース

スポーツの「アジア大会たいかい」がインドネシアではじまる

セーリングの世界選手権せかいせんしゅけん日本にっぽん女子じょしのチームがきんメダル

フィギュアスケートの羽生はにゅう選手せんしゅが「国民栄誉賞こくみんえいよしょう」をもらう

スポーツちょう おおくの選手せんしゅから暴力ぼうりょく相談そうだんくようにする

フィギュアスケートの羽生はにゅう選手せんしゅ仙台市せんだいしでパレードをする

サッカー スペインのイニエスタ選手せんしゅ日本にっぽんのチームにはい

普通ふつうのニュース

アジアあじあ大会たいかい閉幕へいまく 日本にっぽんは「きん」75 史上しじょう番目ばんめ