海で死んだ鯨のおなかの中からプラスチックが見つかる

神奈川県かながわけん鎌倉市かまくらし海岸かいがん5日いつかんだくじらつかりました。専門家せんもんか調しらべると、くじらまれて3かげつから6かげつぐらいのシロナガスクジラのあかちゃんで、ながさは10m50cmでした。

このくじらのおなかのなかから3cmぐらいのプラスチックつかりました。

専門家せんもんかは、くじらあかちゃんはおかあさんのミルクんでいて、まださかななどはべないとっています。そして、うみプラスチックがたくさんあるため、およいでいるときにくちからはいったとかんがえています。

単語たんご

  • うみにすむ大形おおがた動物どうぶつ。シロナガスクジラ・マッコウクジラ・セミクジラなど種類しゅるいおおい。哺乳類ほにゅうるいで、ちちんでそだつ。

プラスチック

  • ねつ圧力あつりょくくわえて、自由じゆうかたちつくることができる物質ぶっしつとく合成樹脂ごうせいじゅしす。使つかみちひろい。

ミルク

  • 牛乳ぎゅうにゅう
  • 牛乳ぎゅうにゅうをにつめたり、こなにしたりしたもの。

関連かんれんニュース

タイ んだくじらのおなかのなかにたくさんのプラスチックのふくろ

日本にっぽんえたくじらむかしのようにとりたい」

東京湾とうきょうわんくじらおよいでいる「ふねをつけて」

神奈川県かながわけん海岸かいがんながれてきたのはシロナガスクジラだった

普通ふつうのニュース

げのシロナガスクジラしろながすくじらあかちゃん からプラスチックぷらすちっく