イスラム教の「ハッジ」 日本のカプセルベッドで休む

イスラムきょうひとがサウジアラビアのメッカとそのちかくへいのりにく「ハッジ」がはじまりました。ハッジは、イスラムきょうひと一生いっしょう一度いちどはしなければならないことです。今年ことし世界中せかいじゅうから230まんにんぐらいあつまっています。とてもあついですが、いのるためにひるよるあるきます。

サウジアラビアの団体だんたいは、つかれたひとすずしいところやすむことができるように、日本にっぽんのカプセルベッドを20だい輸入ゆにゅうしました。そして、メッカのちかくの建物たてものきました。

カプセルベッドは、ながさ3m、たかさ1mぐらいのはこのようなかたちで、なかることができます。エアコンもあります。1人ひとり時間じかんまで利用りようできて、おかねはかかりません。

ハッジは24日にじゅうよっかごろまでつづきます。

単語たんご

イスラム教

  • 七世紀ななせいきはじめ、アラビアでムハンマドがはじめた、唯一ゆいいつかみアッラーをしんじる宗教しゅうきょう回教かいきょう

一生

  • まれてからぬまで。一生涯いっしょうがい

団体

  • 大勢おおぜいひとあつまり。
  • おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

関連かんれんニュース

避難所ひなんじょにいるひとのためにだんボールのベッドをとどける

普通ふつうのニュース

聖地巡礼せいちじゅんれいに“日本にっぽんカプセルかぷせるベッドべっど