東京オリンピック 道に水をまくとどのくらい涼しくなるか

2020ねんなつ東京とうきょうオリンピックパラリンピックがあります。東京都とうきょうとは、選手せんしゅ試合しあいひとたちがすこしでもすずしくなるようにしたいとかんがえています。このため、みちみずまいて、どのくらいすずしくなるか調しらべました。

東京都とうきょうとは、競歩きょうほコースよこにある歩道ほどうの120mにみずチューブきました。そして、午前ごぜんから10まで歩道ほどうみずまきつづけました。その結果けっかみずまい場所ばしょ温度おんどは、まかなかった場所ばしょより3℃ぐらいひくくなりました。

東京都とうきょうとは、マラソンコース温度おんどがりにくいように、特別とくべつ材料ざいりょう使つかったみちにすることもかんがえています。とてもこまかいきりのようなみずうえから機械きかいくことも計画けいかくしています。

単語たんご

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

まく

  • みずはなびらなどを)らす。

パラリンピック

  • 身体障害者しんたいしょうがいしゃ国際こくさいスポーツ大会たいかい4年よねん一度いちど、オリンピック開催地かいさいちおこなわれる。

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

まく

  • みずはなびらなどを)らす。

競歩

  • 陸上競技りくじょうきょうぎひとつ。どちらかのあしが、いつも地面じめんについているようにして、はやある競走きょうそう

コース

  • すすんでみち進路しんろ
  • 競走きょうそうで、そこをとおるようにめられたみち
  • 学習がくしゅう内容ないよう順序じゅんじょ課程かてい

歩道

  • みち区切くぎって、ひとあるくところとめてあるところひとあるみち人道じんどう

チューブ

  • くだつつ
  • タイヤのなかのゴムのくだ
  • はみがき・などの、筒形つつがたのしぼり容器ようき

まく

  • みずはなびらなどを)らす。

結果

  • あることがもとになってこったことがらやようす。

温度

  • あつさやつめたさの度合どあいを数字すうじあらわしたもの。

まく

  • みずはなびらなどを)らす。

マラソン

  • 42.195キロメートルをはし陸上競技りくじょうきょうぎむかし、ギリシャの兵士へいしが、戦場せんじょうのマラトンから、勝利しょうりつたえるために、アテネまではしったことからはじまった。

材料

  • ものつくるもとになるもの。おおくは、もとのかたち性質せいしつのこっている場合ばあいにいう。
  • 研究けんきゅう表現ひょうげんなどのもとになるもの。

  • 空気中くうきちゅう水蒸気すいじょうきえてちいさい水玉みずたまとなり、地表ちひょうちかくにけむりのようにうかんだもの。うすいものを「もや」、また、はるのものを「かすみ」ということがある。
  • こまかいみずたま

関連かんれんニュース

イタリアの研究けんきゅうグループ「火星かせいみずがある」

東京とうきょうオリンピックまであと2ねん みちむことやあつさが心配しんぱい

地下ちかにあるおおきな放水路ほうすいろ おおくのひとてもらいたい

普通ふつうのニュース

東京とうきょう五輪ごりんパラぱらあつ対策たいさく 競歩きょうほコースこーす散水さんすい たして効果こうかは?