iPS細胞でパーキンソン病を治療する試験

iPS細胞さいぼうは、神経しんけいなどからだのいろいろな部分ぶぶんわることができる細胞さいぼうです。京都大学きょうとだいがくグループは、iPS細胞さいぼう使つかってパーキンソンびょう治療ちりょうする試験しけんはじめると発表はっぴょうしました。

パーキンソンびょうは、のうにある神経しんけい細胞さいぼうすくなくなって、あしふるたりからだうごかなくなったりする病気びょうきです。日本にっぽんにはこの病気びょうきひとが15まんにんいるとわれています。くすりなどで治療ちりょうしますが、病気びょうき完全かんぜんなお方法ほうほうはまだありません。

試験しけんでは、ひとのiPS細胞さいぼう使つかって、神経しんけいわることができる細胞さいぼうを500まんぐらいつくります。そして、つくった細胞さいぼうをパーキンソンびょうひとのうれる手術しゅじゅつおこないます。

グループは、7にんにこの手術しゅじゅつおこないます。治療ちりょうデータを2ねんあつめて、安全あんぜん問題もんだい病気びょうきがどのくらいよくなるかなどを調しらべます。最初さいしょひと手術しゅじゅつ今年ことしわりまでにおこな予定よていです。

単語たんご

治療

  • 病気びょうきやけがの手当てあてをしてなおすこと。

神経

  • 動物どうぶつからだなかひろがっているいとのような細胞さいぼうあつまり。しげきをのうらせたり、のう命令めいれい手足てあしつたえたりする。
  • こころのはたらき。

部分

  • 全体ぜんたいを、いくつかにけたもののひとつ。

細胞

  • 生物せいぶつからだてている、いちばんちいさい単位たんい

グループ

  • 仲間なかま集団しゅうだん

発表

  • おおくのひとひろらせること。

  • あたまなかにあって、かんがえたりからだうごかしたりするはたらきをつところ。
  • あたまのはたらき。
  • 中心ちゅうしんとなるひと

震える

  • ちいさくゆれる。
  • からだや、その一部いちぶ小刻こきざみにうごく。

完全

  • りないところやけたところがないようす。

方法

  • ものごとをおこなうやりかた。しかた。

手術

  • 医者いしゃが、病気びょうききずのところを、ひらいたりったりして、治療ちりょうすること。

データ

  • かんがえるもとになる材料ざいりょう事実じじつ
  • コンピューターで使つかえるように、数字すうじ記号きごうきかえられた資料しりょう

関連かんれんニュース

iPS細胞さいぼう心臓しんぞう病気びょうき治療ちりょうをすることがまる

普通ふつうのニュース

世界初せかいはつ パーキンソンぱーきんそんびょうでiPS細胞さいぼう応用おうよう臨床りんしょう試験しけん