7年前の原発の事故のあと福島県浪江町で初めて「相馬野馬追」

福島県ふくしまけん相馬地方そうまちほうでは、武士ぶし姿すがた男性だんせいうまってあるく「相馬そうま野馬追のまおい」というまつを1000ねん以上いじょうまえからおこなっています。

相馬地方そうまちほうなか浪江町なみえまちは、2011ねん原子力げんしりょく発電所はつでんしょ原発げんぱつ)の事故じこのあとまちはいることができなくなって、まつおこなっていませんでした。去年きょねんからまち一部いちぶはいることができるようになったため、今年ことしまつおこなうことになりました。

28にち浪江町なみえまちでは武士ぶし姿すがたをした50にんぐらいの男性だんせいうまってまちまわりました。事故じこのあと浪江町なみえまちからほかのなどに避難ひなんして生活せいかつしているひとたちも大勢おおぜいました。つよそうな武士ぶしうまひさしぶりにて、みんなよろこんでいました。

いわき生活せいかつしている男性だんせいは「ちいさいころからていたまつをまたて、浪江町なみえまちもどりたい気持きもちがつよくなりました」とはなしていました。

単語たんご

武士

  • むかし武芸ぶげいにつけて、いくさでたたかったひと。さむらい。

姿

  • からだかたち。かっこう。
  • なり。服装ふくそう
  • からだ
  • ようす。ありさま。

  • 家畜かちくとしてひとわれる動物どうぶつちからつよく、はしるのがはやい。荷物にもつ運搬うんぱん農業のうぎょう競馬けいばなどに使つかわれる。

祭り

  • かみをまつる行事ぎょうじ儀式ぎしきそなものをし、ふえをふいたり太鼓たいこらしたり、おみこしをかついだりする。祭礼さいれい
  • にぎやかにおこなう、もよおし。

原子力

  • 原子核げんしかくがこわれたり(核分裂かくぶんれつ)、とけあったり(核融合かくゆうごう)するときにる、ものすごくおおきなちからたかねつ原子げんしエネルギー。

発電所

  • 電気でんきこすところ

一部

  • 全体ぜんたいなかの、ある部分ぶぶん
  • 新聞しんぶん雑誌ざっしなどをかぞえるときの、ひとつ。

避難

  • あぶないにあわないように、にげること。

関連かんれんニュース

うまってたたかう「打毬だきゅう」を天皇てんのう陛下へいかせる

普通ふつうのニュース

福島ふくしま 浪江町なみえまちで「相馬そうま野馬追のまおい」が8ねんぶりに復活ふっかつ