横綱の稀勢の里が8つの大会を続けて休む

download ダウンロード

稀勢きせさとは、去年きょねんがつ大相撲おおずもう大会たいかい優勝ゆうしょうして横綱よこづなになりました。つぎ大会たいかいでも優勝ゆうしょうしましたが、ひだりむねうでにけがをして、それから7つの大会たいかいつづけてやすみました。

稀勢きせさと8日ようかはじまった大会たいかいるために準備じゅんびをしていましたが、けががなおっていないため、やすむことにしました。稀勢きせさとは8つの大会たいかいつづけてやすむことになりました。横綱よこづなが8つの大会たいかいつづけてやすむのは、はじめてです。

稀勢きせさと師匠ししょうは「ながやすんだので、一生懸命いっしょうけんめい練習れんしゅうして、つぎ大会たいかいではみなさんがよろこぶような相撲すもうをしてほしいです」とはなしました。稀勢きせさとは、つぎ大会たいかいのあとに相撲すもうつづけるかどうかめるとはなしました。

単語たんご

横綱

  • すもうの番付ばんづけで、いちばんうえくらい。また、その力士りきし
  • 1)」が土俵入どひょういりのときに、こしにしめるふといつな。
  • 仲間なかまなかでいちばんすぐれているものひと

大会

  • おおくのひとあつまるかい
  • ある組織そしき全員ぜんいんあつまるかい

大相撲

  • 日本にほん相撲すもう協会きょうかいおこな専門せんもん力士りきしによる相撲すもう
  • 相撲すもうで、なかなかけのまらないちからはいった取組とりくみ

優勝

  • 競技きょうぎなどで、一位いちいつこと。

  • からだまえ部分ぶぶんで、くびはらあいだ
  • こころこころなか
  • 心臓しんぞう
  • はい

師匠

  • 学問がくもん芸事げいごとなどにすぐれていて、それをおしえるひと先生せんせい

相撲

  • 土俵どひょううえで、二人ふたりみ、相手あいてをたおすか、そとすかして勝負しょうぶめる競技きょうぎ国技こくぎとされる。

関連かんれんニュース

大相撲おおずもう ジョージア出身しゅっしん栃ノ心とちのしん大関おおぜきになる

サッカーのワールドカップがロシアではじまる

茨城県いばらきけんがコンピューターゲームの大会たいかい来年らいねんひら

東京とうきょうオリンピック ボランティアをしたいひとは15%

北海道ほっかいどう福島町ふくしまちょう今年ことし女性じょせい相撲すもう大会たいかいひら

普通ふつうのニュース

横綱よこづな 稀勢きせさと場所ばしょ連続れんぞく休場きゅうじょう秋場所あきばしょ進退しんたいかける