大相撲 力士になるための新弟子検査に申し込む人がいない

download ダウンロード

日本相撲協会にほんすもうきょうかいは1ねんに6かい大相撲おおずもうの「新弟子検査しんでしけんさ」をおこなっています。力士りきしになりたいわかひとはこの検査けんさけて、からだおおきさや健康けんこうなどを調しらべてもらいます。

今年ことしの4かい新弟子検査しんでしけんさは7がつ2日ふつかおこな予定よていでした。しかし、検査けんさもうひとがいなかったため、おこなわないことになりました。11ねんまえにも検査けんさもうひとがいなかったことがあります。

日本相撲協会にほんすもうきょうかいによると、25ねんぐらいまえ検査けんさけるひとが1ねんに200にん以上いじょういました。しかし、最近さいきんの10ねんぐらいは100にんよりすくなくなっています。今年ことしいままでの3かいで64にん検査けんさけました。

日本相撲協会にほんすもうきょうかいは「7がつ検査けんさけるひとは、毎年まいとしあまりおおくありません。今年ことし特別とくべつすくないとはかんがえていません」とっています。

単語たんご

大相撲

  • 日本にほん相撲すもう協会きょうかいおこな専門せんもん力士りきしによる相撲すもう
  • 相撲すもうで、なかなかけのまらないちからはいった取組とりくみ

力士

  • すもうをとることを職業しょくぎょうにしているひと。すもうとり。

申し込む

  • のぞみを、相手あいてつたえる。もうれる。

検査

  • わるいところがないかを調しらべること。

健康

  • からだこころわるいところがなく、元気げんきなようす。
  • からだこころのぐあい。

申し込む

  • のぞみを、相手あいてつたえる。もうれる。

関連かんれんニュース

尿にょう調しらべてがんをつける 世界せかいはじめての実験じっけん

普通ふつうのニュース

大相撲おおずもう 新弟子しんでし検査けんさ 応募者おうぼしゃゼロでりやめ 11ねんぶり