「はやぶさ2」が小さい星の写真を撮る

宇宙うちゅう研究けんきゅうをしている日本にっぽんのJAXAは4ねんまえ、「リュウグウ」というほし調しらべるために「はやぶさ2」をました。リュウグウは直径ちょっけい900mぐらいのちいさいほしです。

「はやぶさ2」が18にちった写真しゃしんると、リュウグウはうえしたかどのようになっていて、赤道せきどうやまのようにたかくなっています。赤道せきどうちかくには、直径ちょっけい200mぐらいのクレーターのようなまるあながあります。

「はやぶさ2」は、今月こんげつ27にちごろリュウグウのちかくに予定よていです。

単語たんご

宇宙

  • 地球ちきゅう太陽たいようほしなどのある、てしなくひろ空間くうかんのこと。地球ちきゅう太陽たいよう中心ちゅうしんにして銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうにあり、この銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうのようなものがたくさんあつまって宇宙うちゅうつくっている。

打ち上げる

  • いきおいよく)もの空中くうちゅうげる。
  • なみものりくはこげる。
  • 仕事しごとなどを)すっかりえる。

直径

  • えんまたはきゅう中心ちゅうしんとおって、円周えんしゅう球面上きゅうめんじょう二点にてんむす直線ちょくせん。さしわたし。

赤道

  • 北極ほっきょく南極なんきょくからおな距離きょりにあるてんむすんだせん。このせんれいとして、南北なんぼく緯度いどさだめる。

クレーター

  • つき表面ひょうめんにある、噴火口ふんかこうのような、まる地形ちけい

  • くぼんだところ
  • こうまでつきぬけている部分ぶぶん
  • よわいところ。
  • そん不足ふそく

関連かんれんニュース

「はやぶさ2」は27にちごろちいさいほしちかくに予定よてい

普通ふつうのニュース

直径ちょっけい200mのクレーターくれーたー探査機たんさき「はやぶさ2」が小惑星しょうわくせい撮影さつえい