雄と雌の体を持ったカブトムシを男の子が見つける

download ダウンロード

岡山県おかやまけんんでいる11さいおとこは、自分じぶんているカブトムシかたち普通ふつうちがうとおもって、博物館はくぶつかんってきました。このカブトムシからだおおきさが5cmぐらいで、からだ左側ひだりがわおすかたちをしています。しかし、右側みぎがわあしふとくてめすのようなかたちをしています。おすだけにあるつの普通ふつうよりみじかくて、かたちみぎひだりちがいます。

博物館はくぶつかん調しらべると、おすめすからだったカブトムシだとわかりました。専門家せんもんかは「おすめすからだったカブトムシきているところをたのははじめてです」とはなしています。

おとこは「つのがっているのをて、おかしいなとおもいました。めずらしいカブトムシだとわかってとてもうれしいです」とはなしていました。

単語たんご

  • 動物どうぶつ男性だんせいにあたるもの。

  • 動物どうぶつで、たまご能力のうりょくがあるほう。

かぶとむし

  • なつ、クヌギなどの樹液じゅえきあつまる昆虫こんちゅうからだ黒茶色くろちゃいろでつやがある。おすにはながつのがある。

飼う

  • 動物どうぶつにえさをあたえてそだてる。

博物館

  • 自然しぜん文化ぶんか歴史れきしなどについての資料しりょうあつめて、人々ひとびとせる施設しせつ

  • 動物どうぶつあたまにつきているかたいとがったもの。

関連かんれんニュース

めすだとおもっていたカピバラはおすだった

普通ふつうのニュース

オスおすメスめす特徴とくちょうカブトムシかぶとむし専門家せんもんかも「きたのはじめて」