髪を作る「毛包」がたくさんできる技術

かみなくなったりすくなくなったりしてこまっているひと日本にっぽんに2500まんにん以上いじょういるとわれています。理化学研究所りかがくけんきゅうしょなどのグループは、このようなひとたちの治療ちりょう使つかあたらしい技術ぎじゅつ研究けんきゅうしています。

かみあたま皮膚ひふにある「毛包もうほう」という部分ぶぶんつくられます。グループは、ひとあたま皮膚ひふからった3種類しゅるい細胞さいぼうそだてて、毛包もうほうをたくさんつく技術ぎじゅつ発表はっぴょうしました。グループによると、20日はつかぐらいで5000の毛包もうほうができます。5000の毛包もうほうかみを1まんぼんぐらいつくることができます。

グループはこの技術ぎじゅつ安全あんぜんかどうか調しらべるため、つくった毛包もうほう動物どうぶつ移植いしょくする試験しけんを7がつはじめることにしています。

単語たんご

生える

  • 植物しょくぶつる。また、のびてそだつ。
  • 動物どうぶつやひげ、がのびる。

グループ

  • 仲間なかま集団しゅうだん

治療

  • 病気びょうきやけがの手当てあてをしてなおすこと。

皮膚

  • ひと動物どうぶつからだつつんでいるかわはだ

部分

  • 全体ぜんたいを、いくつかにけたもののひとつ。

種類

  • 共通きょうつうするかたち性質せいしつによってけたもの。

細胞

  • 生物せいぶつからだてている、いちばんちいさい単位たんい

発表

  • おおくのひとひろらせること。

移植

  • くさを、ほかの場所ばしょえかえること。
  • からだ一部分いちぶぶんを、ほかの部分ぶぶんやほかのひとうつしかえること。

関連かんれんニュース

iPS細胞さいぼう心臓しんぞう病気びょうき治療ちりょうをすることがまる

「2まん7000ねんまえにこのようなかおひと日本にっぽんにいた」

「セクハラをなくしたい」女性じょせい記者きしゃがグループをつく

石川県いしかわけん 九谷焼くたにやきのアクセサリーを自動販売機じどうはんばいき

普通ふつうのニュース

毛髪もうはつの“もと”大量たいりょうつく技術ぎじゅつ開発かいはつ 理化学研究所りかがくけんきゅうじょ