ペルーのナスカのちかくで25以上いじょう地上ちじょうつかる

2018年05月31日 11時30分

ペルーのナスカの近くで25以上の地上絵が見つかる
振り仮名表示 オフ オン

「ナスカの地上絵ちじょうえ」はペルーのナスカの地面じめんに2000ねんぐらいまえにかかれたとてもおおきなです。動物どうぶつなどのいままでに1000以上いじょうつかっています。

ペルーの政府せいふは、ナスカの20kmきたにあるパルパというまちで、25以上いじょう地上ちじょうつかったと発表はっぴょうしました。

つかったのはさるおどっている女性じょせいなどのです。あめかぜなどでせんほそくなっていたため、そらたかところからはよくえませんでした。ひくところぶドローンで調しらべて、このつかりました。

専門家せんもんかは「ナスカの地上絵ちじょうえ」よりまえにかかれただとかんがえています。

単語たんご

地上

  1. 地面じめんうえ

地面

  1. 土地とち表面ひょうめんつちうえ地上ちじょうべた。
  2. 土地とち地所じしょ

政府

  1. くに政治せいじおこなうところ。
  2. 内閣ないかく

発表

  1. おおくのひとひろらせること。

  1. 森林しんりんにすみ、木登きのぼりがうまく、れをつくってらしている動物どうぶつ。チンパンジー・ゴリラ・オランウータン・テナガザルなど種類しゅるいおおい。日本にっぽんにはニホンザルがいる。