尾瀬で「山開き」 登山や散歩を楽しむ季節が来る

うつくしい湿原しつげん有名ゆうめい尾瀬おぜでは、これから10がつわりごろまで登山とざん散歩さんぽたのしむことができます。24日にじゅうよっか福島県ふくしまけん檜枝岐村ひのえまたむら尾瀬御池おぜみいけで「山開やまびらき」があって、登山とざん安全あんぜんいのしきおこないました。

しきでは、安全あんぜんいのったあと、登山とざんできる季節きせつたことをみんなでおいわいしました。歌手かしゅのMiyuuさんは、尾瀬おぜ自然しぜんテーマにした「なつおも」という有名ゆうめいうたうたっておいわいしました。

しきのあと、尾瀬おぜひとたちはミズバショウやリュウキンカなどの季節きせつはな場所ばしょかいました。尾瀬おぜには、自然しぜんまもために自分じぶんくるまやオートバイにってはいけない場所ばしょがあって、みんなバスにりました。

尾瀬おぜ案内あんないをするセンターひとは「今年ことし去年きょねんより3週間しゅうかんぐらいはやゆきとけたので、はなはやきました。さむくないようにあたたかいふくてください」とはなしていました。

単語たんご

登山

  • やまのぼること。山登やまのぼり。

湿原

  • みずけがおおく、じめじめした草原そうげん

歌手

  • うたうたうことを仕事しごとにしているひと

自然

  • やまかわくさほしくもあめゆきなど、ひとつくったものでないもの
  • もともとの性質せいしつそなえていること。
  • わざとらしくないようす。
  • ひとりでに。いつのまにか。

テーマ

  • 作品さくひんにかかれていることの中心ちゅうしん。また、作品さくひん中心ちゅうしんになっているかんがかた主題しゅだい
  • 論文ろんぶんや、演説えんぜつ題目だいもく
  • ひとつのきょく中心ちゅうしんとなっているメロディー。

みずばしょう

  • 山地さんちのしめったところむらがってえる草花くさばなはるからなつにかけて、しろおおきなほう(やつぼみをつつ)のなかに、ぼうのような黄色きいろはなをつける。

守る

  • がいけないように、ふせぐ。
  • めたとおりにする。

センター

  • 中央ちゅうおう中心ちゅうしん中心ちゅうしんになる施設しせつ
  • 野球やきゅう・ソフトボールで、外野がいやなかまもひと
  • バスケットボールやバレーボールなどで、なかまもひと

解ける

  • むすんであるものが、はなれる。
  • える。
  • わからなかったことが、わかる。
  • ゆきこおりなどが、みずになる。
  • 気持きもちがゆるむ。

関連かんれんニュース

千葉県ちばけん鋸南町きょなんまちの「河津桜かわづざくら」がきれいに

日本にっぽん旅行りょこう外国人がいこくじんもっとはやく1000まんにんになる

富士山ふじさんはる 5ごうまで富士ふじスバルラインでくことができる

東京とうきょうでいつものとしより9日ここのかはやさくらはじめる

アメリカのワシントンで東京とうきょうからもらったさくらはな

普通ふつうのニュース

尾瀬おぜ山開やまびら福島ふくしま 檜枝岐村ひのえまたむら