徳島大学が虫のコオロギを使ってパンを作る

徳島大学とくしまだいがくむしコオロギ使つかってパンをつく研究けんきゅうをしています。研究けんきゅうでは、沖縄おきなわ東南とうなんアジアにいるからだおおきいコオロギ使つかいます。こおせてからかわかしコオロギこなにして、小麦粉こむぎここめこなれてパンをつくります。

大学だいがくコオロギこなりょうえたパンを4種類しゅるいつくって、あじやにおいをくらべてもらうかいひらきました。べたひとは「普通ふつうのパンとあまりわらなくて、おいしいです」とはなしていました。

大学だいがくコオロギたんぱくしつなどの栄養えいようおおいとっています。将来しょうらい世界せかいものりなくなったときにやくつようにしたいとっています。

単語たんご

こおろぎ

  • なつからあきにかけてくさむらなどにすむ昆虫こんちゅうからだは、おおくこげ茶色ちゃいろでつやがある。おすはねをすりわせてよくく。エンマコオロギなど、種類しゅるいおおい。

東南アジア

  • アジアの南東部なんとうぶ。ベトナム・ラオス・カンボジア・マレーシア・タイ・ミャンマー・インドネシア・フィリピンなどのくにがある。

凍る

  • さむさのために、みずなどの液体えきたいかたまる。こおりになる。

乾かす

  • 日光にっこうかぜてて、しめりる。す。

  • 穀物こくもつなどを)非常ひじょうこまかにくだいたもの。粉末ふんまつ

小麦粉

  • 小麦こむぎをひいてつくったこな。うどん・パン・菓子かしなどに加工かこうする。うどん。メリケン

  • かさ。ますめ。
  • ものをはかる。
  • こころひろさ。能力のうりょくおおきさ。

種類

  • 共通きょうつうするかたち性質せいしつによってけたもの。

たんぱく質

  • 動植物どうしょくぶつからだつくっている栄養えいようひとつ。にく・ミルク・まめたまご白身しろみなどにおおくふくまれている。

栄養

  • それをとることにより、からだのはたらきをたもったり、成長せいちょうたすけたりする物質ぶっしつ

関連かんれんニュース

フランス 3Dプリンターを使つかっていえつく

がつからチーズと納豆なっとうとパンの値段ねだんたかくなる

普通ふつうのニュース

コオロギこおろぎパンぱんべてみた 徳島とくしま