歌手の西城秀樹さんが63歳で亡くなる

歌手かしゅ西城さいじょう秀樹ひできさんが16にち、63さいくなりました。西城さいじょうさんは1972ねん歌手かしゅになって、はげしくおどりながらうたって、わか女性じょせいなどに人気にんきました。1979ねんうたった「YOUNG MAN」は、アルファベットのYMCAのかたちからだあらわながらうたって有名ゆうめいになりました。

西城さいじょうさんはアジアでもとても人気にんきがありました。1988ねんには韓国かんこくのソウルでオリンピックをおいわいするイベントにもました。

西城さいじょうさんは48さいと56さいのときにのう病気びょうきになりました。2のときははなすことがむずかしくなってからだ右側みぎがわうごかなくなりました。しかし西城さいじょうさんは一生懸命いっしょうけんめいリハビリをして、40にちにいすにすわってうたって、仕事しごともどりました。

西城さいじょうさんは4ねんまえにNHKのテレビで、「病気びょうきになるまえからだもどることはできませんが、すこしでもよくなるようにまえ頑張がんばっていきたいです」とはなしていました。

単語たんご

歌手

  • うたうたうことを仕事しごとにしているひと

激しい

  • いきおいがつよい。
  • ものごとの程度ていどがきつい。

人気

  • なかひとたちのよい評判ひょうばん

アルファベット

  • ローマを、AエーBビーCシー…というふうにZゼットまでじゅんならべたもの。26文字もじある。

表す

  • 気持きもちやかんがえなどを、ことばや表情ひょうじょうしたり、音楽おんがくなどにしたりする。

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

イベント

  • 行事ぎょうじ。できごと。
  • 勝負しょうぶ試合しあい

  • あたまなかにあって、かんがえたりからだうごかしたりするはたらきをつところ。
  • あたまのはたらき。
  • 中心ちゅうしんとなるひと

リハビリ

  • 英語えいごの「リハビリテーション」のりゃく。けがや病気びょうきあるけなくなったり、うごかなくなったりしたからだを、もとにもどすための訓練くんれん

  • うしろ。
  • のち。あと。

向く

  • かおからだをそのほうへける。
  • そのほうにめんしている。
  • うまくう。てきしている。
  • ある状態じょうたいになる。
  • あるほうへすすむ。

関連かんれんニュース

バチカン 地震じしんなどを経験けいけんしたひとたちのためのコンサート

地震じしん被害ひがいけた東北とうほく高校生こうこうせいがアメリカでオペラに

福島県ふくしまけん南相馬市みなみそうましどもたちがウィーンでうたうた

普通ふつうのニュース

西城さいじょう秀樹ひできさん死去しきょ