京都市の嵐山 100本の竹に文字のような傷が見つかる

京都市きょうとし嵐山あらしやまには、たくさんのたけなか散歩さんぽできるみちがあって、観光かんこうきゃく人気にんきがあります。

京都市きょうとしによると、今年ことしの2がつごろから、たけアルファベット漢字かんじなどの文字もじのようなきずつかるようになりました。さきほそくてかたものきずつけられたようです。このようなきず先月せんげつからきゅうえて、いままでに100ぽんぐらいのたけつかっています。

京都市きょうとしは、たけきずつけないでくださいと日本語にほんご外国語がいこくごいたかみをはりました。たけ管理かんりをしている会社かいしゃひとは「たけつながっているので、1ぽんきずつくとほかのたけわるくなります。きずがひどいたけは、っててなければならないのでやめてほしいです」とはなしています。

たけ女性じょせいは「すごくきれいなのに残念ざんねんです。みんなが京都きょうと大事だいじにしてほしいです」とはなしていました。

単語たんご

  • なかからくきに、ふしのある植物しょくぶつ日用品にちようひんや、細工物さいくものなどに使つかう。わかを「たけのこ」という。

文字

  • ことばをあらわすための記号きごう。もんじ。日本にっぽんでは、かたかな・ひらがな・漢字かんじ・アルファベットや数字すうじ使つかう。

  • ったりったりして、皮膚ひふにくをいためたところ。
  • 品物しなもののいたんだところ。
  • わるてん欠点けってん

観光

  • 景色けしきのよいところ名所めいしょなどを見物けんぶつしてまわること。

人気

  • なかひとたちのよい評判ひょうばん

アルファベット

  • ローマを、AエーBビーCシー…というふうにZゼットまでじゅんならべたもの。26文字もじある。

付ける

  • ものが、はなれないようにする。
  • しるしをのこす。
  • きこむ。しるす。
  • くわえる。
  • そっとあとについてく。
  • ものごとをおさめる。
  • 注意ちゅういける。
  • 値段ねだんめる。
  • そばにきそわせる。
  • …しれている。

急に

  • とつぜん。にわかに。

管理

  • ものごとを、りしまること。
  • よい状態じょうたいたもつこと。

  • くさの、つちなかにある部分ぶぶんっこ。
  • ものごとのもと。原因げんいん
  • まれつきの性質せいしつ

つながる

  • はなれているものがむすばれる。
  • 関係かんけいがある。むすびつく。

付く

  • ものがくっつく。
  • つきそう。
  • くわわる。
  • まる。
  • 草木くさきが、かれずにをおろす。
  • かんじる。
  • ある値段ねだんになる。

関連かんれんニュース

アメリカ じゅうからどもをまもるリュックサックがれている

普通ふつうのニュース

竹林たけばやし散策路さんさくろやく100ほんたけ文字もじのようなきず 京都きょうと 嵐山あらしやま