ふくにアイロンで太陽電池たいようでんちができる

2018年04月18日 11時30分

服にアイロンで貼る太陽電池ができる
振り仮名表示 オフ オン

理化学研究所りかがくけんきゅうしょなどのグループは、ふくって使つかうことができる太陽電池たいようでんちつくりました。

この太陽電池たいようでんちあつさが0.003mmで、とてもうすくてやわらかいため、アイロンふくることができます。この太陽電池たいようでんちで、あるきながら音楽おんがくくためのプレーヤー使つかうことができます。

理化学研究所りかがくけんきゅうしょによると、心臓しんぞううご回数かいすう体温たいおん調しらべるセンサーはいったシャツなど、健康けんこうをつけるためにふく研究けんきゅうすすんでいます。理化学研究所りかがくけんきゅうしょは、このようなふく使つかうことができるように、電気でんきりょうをもっとおおくしたいとはなしています。

単語たんご

アイロン

  1. ねつで、ぬのふくなどのしわをのばしたり、をつけたりする道具どうぐ

太陽電池

  1. 太陽たいようのエネルギーを、電力でんりょくにかえる電池でんち人工衛星じんこうえいせい無人灯台むじんとうだいなどの電源でんげんとして利用りようされている。

グループ

  1. 仲間なかま集団しゅうだん

プレーヤー

  1. 競技きょうぎをするひと
  2. 音楽おんがくを、演奏えんそうするひと
  3. レコードプレーヤーなどのこと。

心臓

  1. むね左側ひだりがわにあって、血液けつえきからだじゅうにおくすポンプの役目やくめをする器官きかん。こぶしぐらいのおおきさで、左右さゆう心房しんぼう左右さゆう心室しんしつよっつの部分ぶぶんからできている。
  2. ものごとの大切たいせつ部分ぶぶん
  3. 度胸どきょうがよくて、ものおじしないこと。

回数

  1. ものごとが何回なんかいこったか、おこなわれたかというかず

体温

  1. ひと動物どうぶつからだ温度おんど

センサー

  1. ひかりおと温度おんどなどに反応はんのうして、電気的でんきてき信号しんごうおく装置そうち

健康

  1. からだこころわるいところがなく、元気げんきなようす。
  2. からだこころのぐあい。

  1. かさ。ますめ。
  2. ものをはかる。
  3. こころひろさ。能力のうりょくおおきさ。