東京の神保町 喫茶店や仕事をする部屋がある本屋ができる

東京とうきょう神田かんだ神保町じんぼうちょう本屋ほんやがたくさんあることで有名ゆうめいまちです。11にち、「神保町じんぼうちょうブックセンター」というあたらしい本屋ほんやができました。

ここには日本にっぽん世界せかい有名ゆうめいほんなどが9000さつぐらいならんでいますが、ほんるだけではありません。喫茶店きっさてんもあります。いろいろなひとあつまったり、仕事しごとをしたりする場所ばしょもあって、ほんいたひとなどをんでイベントもします。べつかいにはちいさな部屋へやもあって、りて事務所じむしょのように使つかうことができます。

神保町じんぼうちょうブックセンターをひらいた会社かいしゃ社長しゃちょうは「このまちにはほん音楽おんがくやカレーのみせなどがあって、文化ぶんかあつまっています。わかひとだけではなくて、外国人がいこくじんたのしんでほしいです」とはなしています。

単語たんご

イベント

  • 行事ぎょうじ。できごと。
  • 勝負しょうぶ試合しあい

関連かんれんニュース

村上春樹むらかみはるきさんの小説しょうせつ騎士団長殺きしだんちょうごろし」を中国ちゅうごくはじめる

作家さっか角野かどの栄子えいこさんが「国際こくさいアンデルセンしょう」にまる

普通ふつうのニュース

ほんまち神田かんだしんスタイルすたいる書店しょてん