フランス 3Dプリンターを使って家を作る

3Dプリンターは簡単かんたん立体りったいものつくることができる機械きかいです。フランスの大学だいがく研究けんきゅうをしているひとなどが、3Dプリンターを使つかっていえつくりました。

いえひろさは95m²で、部屋へやは5つあります。建物たてものかたちつくったあと、かべなかコンクリートれました。冷房れいぼう暖房だんぼう使つかいすぎないように、部屋へや温度おんど湿度しつどがわかる機械きかいいてあります。このいえには今年ことしがつからむことができます。

3Dプリンターを使つかうと、普通ふつうよりみじか時間じかんやすいえつくることができます。アメリカでは3Dプリンターでつくったいえはじめています。

単語たんご

立体

  • はこのように、ながさ・はば・あつみをち、そのまわりがめんかこまれているもの。

コンクリート

  • セメント・すな・じゃりをみずぜて、いしのようにかたまらせたもの。コンクリ。

温度

  • あつさやつめたさの度合どあいを数字すうじあらわしたもの。

湿度

  • 空気中くうきちゅうにふくまれている、水蒸気すいじょうき割合わりあい

関連かんれんニュース

パナソニック AIを使つかっていえ電気でんきだいやすくする

スポーツの試合しあいなどを3Dでせる技術ぎじゅつ紹介しょうかい

普通ふつうのニュース

3Dプリンターぷりんたーてた住宅じゅうたく披露目ひろめ フランスふらんす