富山湾とやまわんでシロエビのりょうはじまる

2018ねん04がつ03にち 1700ふん NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

富山湾とやまわんれるシロエビは、とおうすピンクいろをしていて、「富山湾とやまわん宝石ほうせき」とわれています。刺身さしみべるとあまかんます。

がつから富山湾とやまわんでシロエビのりょうはじまりました。2日ふつかあさ今年ことしはじめてシロエビをったふね富山県とやまけん射水市いみずしみなともどりました。りょうをしたひとは「おおくのひと富山県とやまけんてシロエビをべてほしいです」とはなしていました。

みなとをしたシロエビは、富山県とやまけんのスーパーや料理りょうりみせなどにおくられます。シロエビのりょうは11がつまでつづきます。

  • さかななどをとること。

取れる

  • はなれてちる。
  • つかれなどが、なくなる。
  • その状態じょうたいになる。
  • ることができる。
  • そうかんがえられる。
  • 作物さくもつなどがられる。

透き通る

  • すけて、なかのほうや、こうのほうがえる。
  • こえなどがすんで、よくとおる。

ピンク

  • ももいろ。うすい赤色あかいろ

宝石

  • うつくしくて値打ねうちのある、かざりに使つかわれるいし。ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドなど。

刺し身

  • なまのさかなかいなどのにくを、うすくったもの

感じる

  • たりいたりさわったりして、あるかんじをからだける。
  • こころおもう。
  • ふかこころにしみる。感動かんどうする。

競り売り

  • 競争きょうそう値段ねだんをつけさせ、いちばんたか値段ねだんをつけたひとに、その品物しなもの方法ほうほう競売きょうばい。オークション。せり。