青森県 人工衛星の写真を利用しておいしい米を育てる

くに毎年まいとし宇宙うちゅう利用りようしてあたらしい産業さんぎょうつくったひと団体だんたいえらんでしょうおくています。こめそだてるために人工衛星じんこうえいせいった写真しゃしん利用りようしている青森県あおもりけん団体だんたいひとなどが、農林水産大臣賞のうりんすいさんだいじんしょうをもらいました。

青森県あおもりけんの「晴天せいてん霹靂へきれき」という名前なまえこめは、人工衛星じんこうえいせいったんぼ写真しゃしん利用りようして、肥料ひりょうりょう収穫しゅうかくするめます。人工衛星じんこうえいせい写真しゃしん調しらべると、こめなかたんぱくしつがどのくらいはいっているかわかります。こめあじは、たんぱくしつりょうまります。

2014ねんはじめた「晴天せいてん霹靂へきれき」は、おいしいこめランキングで、毎年まいとしいちばんうえランクになっています。

単語たんご

人工衛星

  • ロケットでげ、地球ちきゅうまわりをまわるようにした、人間にんげんつくった衛星えいせい宇宙うちゅうのようすや気象きしょうなどを調しらべたり、通信つうしん放送ほうそうなどの電波でんぱ中継ちゅうけい役立やくだてたりする。

宇宙

  • 地球ちきゅう太陽たいようほしなどのある、てしなくひろ空間くうかんのこと。地球ちきゅう太陽たいよう中心ちゅうしんにして銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうにあり、この銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうのようなものがたくさんあつまって宇宙うちゅうつくっている。

団体

  • 大勢おおぜいひとあつまり。
  • おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

  • ほめる。たたえる。
  • ほうび。
  • あじわってたのしむ。

贈る

  • 品物しなものひとにあげる。プレゼントする。
  • がらのあったひとに、くらいやくんしょうなどをあたえる。

田んぼ

  • みずって、イネをそだてるところ水田すいでん

肥料

  • 植物しょくぶつ生長せいちょうをよくするために、つちにあたえる栄養分えいようぶん

  • かさ。ますめ。
  • ものをはかる。
  • こころひろさ。能力のうりょくおおきさ。

収穫

  • 農作物のうさくぶつれること。れ。
  • よい結果けっか

たんぱく質

  • 動植物どうしょくぶつからだつくっている栄養えいようひとつ。にく・ミルク・まめたまご白身しろみなどにおおくふくまれている。

ランキング

  • 成績せいせきなどの順位じゅんい等級とうきゅう

ランク

  • 順位じゅんい等級とうきゅうなどをつけてならべること。

関連かんれんニュース

あたらしいロケット「イプシロン」をげる

とてもちいさいロケットをげることに成功せいこうした

普通ふつうのニュース

宇宙うちゅう開発かいはつ利用りよう大賞たいしょう農林のうりん水産すいさん大臣賞だいじんしょう青森県あおもりけんコメこめ栽培さいばい