3人で滑るスピードスケートの女子団体で日本が金メダル

ピョンチャンオリンピックで21にちスピードスケート女子じょし団体だんたいパシュートの決勝けっしょうがありました。団体だんたいパシュートは、3にんチームたてならんですべります。いちばんまえつよかぜたっつかれるため、交代こうたいしながらすべります。

日本にっぽんはオランダと試合しあいをして、高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅあね高木たかぎ菜那なな選手せんしゅ佐藤さとう綾乃あやの選手せんしゅました。途中とちゅうでオランダのほうがはやくなりましたが、最後さいご日本にっぽんがオランダより2びょうちかくはやくゴールして、きんメダルりました。日本にっぽん記録きろくは2ふん53びょう89で、オリンピックあたらしい記録きろくになりました。

選手せんしゅたちは試合しあいのあと、「みんなのちからを1つにすれば、つよ選手せんしゅがたくさんいるくににもつことができます」とはなしました。

単語たんご

スピード

  • はやさ。速力そくりょく

スケート

  • そこ金具かなぐがついているくつをはいて、こおりうえをすべるスポーツ。アイススケート。また、そのためのくつ。
  • 「ローラースケート」のりゃく

女子

  • おんな
  • おんなひと女性じょせい

団体

  • 大勢おおぜいひとあつまり。
  • おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

  • 黄色きいろいつやのある、値打ねうちのたか金属きんぞく。こがね。
  • こがねいろ
  • おかね。
  • 1)」のように、だいじな。りっぱな。
  • かなもの。
  • 将棋しょうぎのこまのひとつ。
  • 金曜日きんようび

メダル

  • 金属きんぞくいたに、文字もじなどをうきぼりにしたもの。記念品きねんひん賞品しょうひんなどにする。

決勝

  • 最後さいごけをめること。
  • だい一位いちいのものをめること。

チーム

  • 競技きょうぎ仕事しごとをするときの、くみ団体だんたい

当たる

  • ぶつかる。
  • 命中めいちゅうする。
  • ねらったとおりうまくいく。
  • ひかりかぜなどを)けるようにする。
  • ちょうどてはまる。
  • その方角ほうがくにある。
  • 仕事しごとなどをける。
  • かう。
  • たしかめる。調しらべる。
  • ひどいにあわせる。

交代・

  • ひとれかわること。かわりうこと。

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

  • 時間じかん単位たんい。1ぷんの60ぶんの1。
  • 角度かくど単位たんい。1ぷんの60ぶんの1。

ゴール

  • 競走きょうそうで、けをめるところ決勝点けっしょうてん
  • バスケットボール・サッカーなどで、ボールをれるとてんになるところ。また、そこにボールをれること。
  • 目標もくひょう最後さいごてん

記録

  • あとのためにきつけておくこと。また、きつけたもの。
  • 運動競技うんどうきょうぎなどの最高さいこう成績せいせき。レコード。

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

関連かんれんニュース

スピードスケート1500m 高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅぎんメダル

日本にっぽん女子じょしぎんどうメダル スピードスケート1000m

スピードスケートの小平こだいら奈緒なお選手せんしゅきんメダルを

韓国かんこくでピョンチャンオリンピックがはじまる

スピードスケートの小平こだいら選手せんしゅ世界せかいで1ばんはや記録きろく

普通ふつうのニュース

スピードすぴーどスケートすけーと女子じょし団体だんたいパシュートぱしゅーと 日本にっぽんきんメダルめだる