スポーツの試合しあいなどを3Dでせる技術ぎじゅつ紹介しょうかい

2018ねん02がつ21にち 1230ふん NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

NTTは、スポーツの試合しあいなどをべつ場所ばしょで3Dでせる技術ぎじゅつ研究けんきゅうしています。

この技術ぎじゅつは、うごいている選手せんしゅを4つの方向ほうこうからカメラでります。カメラでったデータべつ場所ばしょおくって、3Dでうつます。特別とくべつ眼鏡めがねをかけなくても、どこからでも3Dの映像えいぞうることができます。映像えいぞうは10%のおおきさになります。

NTTによると、この技術ぎじゅつ使つかって柔道じゅうどう空手からてなどの試合しあい放送ほうそうすると、ているひと自分じぶんまえ試合しあいをやっているようにかんます。

NTTは、この技術ぎじゅつを2020ねん東京とうきょうオリンピックパラリンピック使つかいたいとかんがえています。

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

方向

  • き。方角ほうがく
  • 目当めあて。方針ほうしん

データ

  • かんがえるもとになる材料ざいりょう事実じじつ
  • コンピューターで使つかえるように、数字すうじ記号きごうきかえられた資料しりょう

映す

  • ものかたちいろを、ほかのもの表面ひょうめんあらわす。
  • 映画えいがやスライドを、スクリーンのうえあらわす。

映像

  • ひかりによってうつされた、もの姿すがた
  • あたまなかにうかんだものかたちやようす。イメージ。

空手

  • なにたないこと。ぶら。
  • 武器ぶきたず、手足てあしだけでたたか武術ぶじゅつ

感じる

  • たりいたりさわったりして、あるかんじをからだける。
  • こころおもう。
  • ふかこころにしみる。感動かんどうする。

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

パラリンピック

  • 身体障害者しんたいしょうがいしゃ国際こくさいスポーツ大会たいかい4年よねん1度いちど、オリンピック開催地かいさいちおこなわれる。