福岡県の海岸で魚がたくさん死んでいた 寒さが原因か

download ダウンロード

福岡県ふくおかけん福岡市ふくおかしから糸島市いとしましつづ海岸かいがんで、ハリセンボンというさかなすなうえでたくさんんでいるのがつかりました。ハリセンボンは、からだはりのようなものがたくさんあるさかなで、いつもはあたたかいうみにいます。

専門家せんもんかは「福岡市ふくおかしおきうみではなんねんかに1かいふゆにハリセンボンがたくさんあつまることがあります。最近さいきんさむかったので元気げんきうごくことができなくなって、海岸かいがんまでながてきたのだとおもいます」とはなしています。

単語たんご

  • いとをつけてぬのなどをぬう、ほそくてさきのとがったもの。
  • さいほう。
  • ほそくてさきのとがったもの。
  • ばり
  • とげとげしいかんじ。

  • うみみずうみで、きしからとおくはなれたところ

流れる

  • 液体えきたいなどが、ひくいほうへうごく。
  • ときがたつ。
  • うかんでく。
  • ひろがってく。
  • とりやめになる。

関連かんれんニュース

奄美大島あまみおおしま海岸かいがんあぶらのようなもの  しずんだタンカーのあぶら

奄美大島あまみおおしま海岸かいがんながれてきたあぶら掃除そうじはじまる

秋田県あきたけん アザラシがかわおよいでやまなかまで

「デンキウナギ」の電気でんきでクリスマスツリーがひか

世界せかいうみみず二酸化炭素にさんかたんそ酸性さんせいになっている

普通ふつうのニュース

ハリセンボンはりせんぼん海岸かいがん大量死たいりょうし さむさで活動かつどうにぶったか