日本の女子が銀と銅メダル スピードスケート1000m

ピョンチャンオリンピックで14日じゅうよっかスピードスケート女子じょし1000mの試合しあいがありました。日本にっぽん小平こだいら奈緒なお選手せんしゅぎんメダル高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅどうメダルりました。なつふゆオリンピックはじめて、日本にっぽん女子じょしが1つの試合しあいで2つのメダルりました。

小平こだいら選手せんしゅ途中とちゅうすこバランスわるくなったところもありましたが、1ぷん13びょう82ですべって、2ばんになりました。1ばんはやかったオランダの選手せんしゅより0びょう26おくれました。1500mでもぎんメダルった高木たかぎ選手せんしゅは、1ぷん13びょう98ですべって3ばんになりました。

小平こだいら選手せんしゅ試合しあいのあと、「自分じぶんちから全部ぜんぶすことができたとおもいます」とはなしました。高木たかぎ選手せんしゅは「まえ試合しあいつかのこっていましたが、おもっていたよりいい試合しあいができました。1500mのぎんメダル以上いじょう自分じぶんをほめてあげたいとおもいます」とはなしました。

単語たんご

女子

  • おんな
  • おんなひと女性じょせい

  • しろくてうつくしいつやをった金属きんぞくねつ電気でんきをよくつたえる。きんよりかるくてかたい。
  • ぎんいろ
  • おかね。
  • 将棋しょうぎのこまのひとつ。

  • ねつや、電気でんきをよくつたえる、あかっぽい金属きんぞく。あかがね。

メダル

  • 金属きんぞくいたに、文字もじなどをうきぼりにしたもの。記念品きねんひん賞品しょうひんなどにする。

スピード

  • はやさ。速力そくりょく

スケート

  • そこ金具かなぐがついているくつをはいて、こおりうえをすべるスポーツ。アイススケート。また、そのためのくつ。
  • 「ローラースケート」のりゃく

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

バランス

  • つりい。平均へいきん

  • 時間じかん単位たんい。1ぷんの60ぶんの1。
  • 角度かくど単位たんい。1ぷんの60ぶんの1。

疲れる

  • からだこころ元気げんきがなくなる。くたびれる。

普通ふつうのニュース

小平こだいらぎん 高木たかぎ美帆みほどう スピードスケート女子じょし1000m