茨城県いばらきけん神社じんじゃおくられた500以上いじょうのひな人形にんぎょうかざ

2018年02月07日 11時30分

茨城県の神社に贈られた500以上のひな人形を飾る
振り仮名表示 オフ オン

茨城県いばらきけん水戸市みとし茨城県いばらきけん護国ごこく神社じんじゃでは毎年まいとしひなまつちかくなると、たくさんのひな人形にんぎょうかざります。この人形にんぎょうは、いえかざらなくなったひとたちが神社じんじゃおく人形にんぎょうです。

今年ことしは500以上いじょう人形にんぎょうかざっています。100ねんぐらいまえつくられた「宮入みやいりびな」は、人形にんぎょう建物たてものなかはいっています。

神社じんじゃひとは、「人形にんぎょうかざ場所ばしょがない」とか、「どもがおおきくなってかざらなくなった」などの理由りゆうひな人形にんぎょう神社じんじゃおくひとえているとはなしています。

さいむすめ女性じょせいは「たくさんのひな人形にんぎょうがあって、とてもきれいでおどろきました」とはなしていました。

単語たんご

贈る

  1. 品物しなものひとにあげる。プレゼントする。
  2. がらのあったひとに、くらいやくんしょうなどをあたえる。

雛人形

  1. ひなまつりにかざる人形にんぎょう

雛祭り

  1. 三月三日さんがつみっかにするおんなしあわせをいのるおまつり。ひな人形にんぎょうをかざり、白酒しろざけや、あられ・ひしもち、ももはななどをそなえる。もも節句せっく。ひなの節句せっく