津波のときは高い所に走って逃げることを伝えるイベント

岩手県いわてけん釜石市かまいししでは、7ねんまえ東日本大震災ひがしにほんだいしんさい津波つなみ大勢おおぜいひとくなりました。「津波つなみのときはいそいでたか場所ばしょげる」ということをつたえるために、たかところまではしる「韋駄天いだてん競走きょうそう」というイベント毎年まいとしおこなっています。「韋駄天いだてん」ははしるのがはやひとのことです。

今年ことし3日みっかに「韋駄天いだてん競走きょうそう」がありました。まちなかからたかところにあるてらまで、286mのさかやすまないではしってのぼります。3さいから58さいまでの120にん以上いじょうはしりました。

ちいさなどもをれたおとうさんやおかあさんは、どもとしっかりつないで、一生懸命いっしょうけんめいはしっていました。

23さい男性だんせいは「津波つなみくなるひとがいなくなってほしいとおもいながらはしりました」とはなしていました。

単語たんご

津波

  • 地震じしんなどのために、おおきななみきゅう海岸かいがんにおしせてくること。

イベント

  • 行事ぎょうじ。できごと。
  • 勝負しょうぶ試合しあい

つなぐ

  • はなれないように、ほかのものにむすびつける。
  • はなれているものを、むすわせてひとつづきのものにする。
  • ながつづくようにする。

関連かんれんニュース

山口県やまぐちけん島根県しまねけんあいだを「デゴイチ」という蒸気機関車じょうききかんしゃはし

普通ふつうのニュース

高台たかだいまで一気いっきに「韋駄天いだてん競走きょうそう津波つなみ教訓きょうくん次世代じせだい岩手いわて