エジプトで新しい種類の恐竜の化石が見つかる

エジプトとアメリカの研究けんきゅうチームは、エジプトの砂漠さばくで、あたらしい種類しゅるいくびなが恐竜きょうりゅう化石かせきつかったと発表はっぴょうしました。

あたまからあしまでのほねが、ほとんどもとかたちつかりました。研究けんきゅうチームは、この恐竜きょうりゅうからだながさが10m、おもさが5tぐらいで、8000まんねんぐらいまえきていたとかんがえています。

アフリカで8000まんねんぐらいまえ恐竜きょうりゅう化石かせきつかることは、とてもめずらしいです。この恐竜きょうりゅうからだは、おな時代じだいヨーロッパにいた恐竜きょうりゅうています。このため研究けんきゅうチームは、恐竜きょうりゅうヨーロッパとアフリカのあいだったりたりしていた可能性かのうせいがあるとっています。

単語たんご

種類

  • 共通きょうつうするかたち性質せいしつによってけたもの。

恐竜

  • 中生代ちゅうせいだいさかえた巨大きょだいなは虫類ちゅうるいのなかま。おおきなものはからだながさ30メートル、おもさ50トンぐらいあった。化石かせきとして発見はっけんされる。

化石

  • 大昔おおむかし動物どうぶつほねかいがら、植物しょくぶつなどが、いしのようになっていわつちなかのこっているもの。

チーム

  • 競技きょうぎ仕事しごとをするときの、くみ団体だんたい

砂漠・

  • 砂地すなじがむきしになっているひろ地域ちいき。かわいた気候きこうのため植物しょくぶつそだちにくい。ゴビ砂漠さばく・サハラ砂漠さばくなど。

発表

  • おおくのひとひろらせること。

  • 動物どうぶつからだなかにあって、からだささえているかたいもの。
  • もののしんにする細長ほそながたけ金属きんぞく
  • ものごとの中心ちゅうしん
  • へこたれないつよ性質せいしつ
  • 苦労くろうなこと。

  • こり。はじまり。原因げんいん
  • 原料げんりょう
  • 元手もとで資本しほん
  • むかし以前いぜん

ヨーロッパ

  • 世界せかい六大州ろくだいしゅうひとつ。アジアの北西ほくせい、アフリカのきたにある。産業さんぎょう文化ぶんか発達はったつしたくにおおい。

可能性

  • その状態じょうたいになりそうなようす。できそうなようす。

関連かんれんニュース

ロボットがつきから写真しゃしんおく競争きょうそうつチームはなさそう」

インドネシアであたらしい種類しゅるいのオランウータンがつかる

普通ふつうのニュース

エジプトえじぷと砂漠さばく新種しんしゅ恐竜きょうりゅう化石かせき発見はっけん