築地市場つきじしじょう最後さいごの「初競はつせり」 まぐろが3645まんえん

2018ねん01がつ05にち 1650ふん NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

東京とうきょうにある築地市場つきじしじょうは、80ねんぐらいまえにできた日本にっぽん代表だいひょうする市場しじょうで、「日本にっぽん台所だいどころ」とばれています。築地市場つきじしじょうふるくなったため、今年ことし10がつ豊洲とよすつくったあたらしい市場しじょうします。

5日いつかあさ築地市場つきじしじょう今年ことしはじめての初競はつせり」がありました。初競はつせりには日本中にほんじゅうみなと外国がいこくからたくさんのまぐろあつまりました。築地市場つきじしじょう初競はつせりでは毎年まいとしまぐろ値段ねだんがとてもたかくなります。

今年ことしいちばんたかかったのは、青森県あおもりけん大間町おおままち竹内たけうち正弘まさひろさんがった405kgのまぐろで、3645まんえんになりました。竹内たけうちさんがったまぐろは、築地市場つきじしじょう初競はつせりで3ねんつづけていちばんたか値段ねだんになりました。竹内たけうちさんは「このまぐろったとき、とてもおおきかったので、おどろきました」とはなしていました。

  • あたたかなうみ回遊かいゆうするおおきなさかな。メバチ・キハダマグロ・クロマグロなどがいる。さしやすしにしてべる。

代表

  • おおくのひとわってなにかをすること。また、そのひと
  • 一部分いちぶぶん全体ぜんたい特色とくしょくあらわすこと。また、そのもの。

市場

  • さかな野菜やさいなどを、まったときにせりりするところ。いちば。
  • ものをいする範囲はんい。マーケット。
  • とのあいだきをおこなところ

競り売り

  • 競争きょうそう値段ねだんをつけさせ、いちばんたか値段ねだんをつけたひとに、その品物しなもの方法ほうほう競売きょうばい。オークション。せり。