中国の北京市 PM2.5の濃度が下がって「空がきれい」

download ダウンロード

中国ちゅうごく政府せいふは、空気くうききたなくするPM2.5という物質ぶっしつ濃度のうどを、北京市ぺきんしなどで2017ねんまでに5ねんまえより25%以上いじょうげるとっていました。

北京市ぺきんし3日みっか北京市ぺきんし去年きょねんのPM2.5の平均へいきん濃度のうどが1m3に58マイクログラム(0.000058g)になったと発表はっぴょうしました。5ねんまえより35.6%がりました。

北京市ぺきんしでは「今年ことしはまだスモッグていなくて、そらあおいです」とか、「いままではマスクをしなければなりませんでしたが、空気くうきがきれいで気持きもちがいいです」とはなひともいます。

しかし、北京市ぺきんし去年きょねんのPM2.5の平均へいきん濃度のうどは、日本にっぽん健康けんこうのためにめている基準きじゅんの4ばいぐらいです。

河北省かほくしょうでは、部屋へやあたたかくするために石炭せきたん使つかわないで、天然てんねんガス使つかうようにっていました。しかし、天然てんねんガスりなくなったため、石炭せきたん使つかってもいいとっていて、混乱こんらんしています。

単語たんご

濃度

  • 液体えきたい気体きたいのこい、うすいの度合どあい。

政府

  • くに政治せいじおこなうところ。
  • 内閣ないかく

物質

  • たりさわったりすることができるもの。品物しなもの

平均

  • おおすくないやたかひくいなどがないように、ならすこと。
  • つりいがとれること。バランス。

発表

  • おおくのひとひろらせること。

スモッグ

  • 工場こうじょうのけむりや自動車じどうしゃ排気はいきガスがもとになってできる、こいきりのようなもの。公害こうがい原因げんいんになる。

マスク

  • めん仮面かめん
  • ほこりなどをわないように、くちはなをおおうぬの
  • ガスなどをわないように、消防士しょうぼうしなどがかおにつけるおめん防毒面ぼうどくめん
  • 野球やきゅう・ソフトボールで、キャッチャーや球審きゅうしんがかぶるもの。
  • かおかおだち。

健康

  • からだこころわるいところがなく、元気げんきなようす。
  • からだこころのぐあい。

基準

  • ものごとをくらべるとき、そのもととなるよりどころ。標準ひょうじゅん

石炭

  • 大昔おおむかし植物しょくぶつ地下ちかにうずもれて、ながあいだかたまって、くろいしのようになったもの。燃料ねんりょう化学工業かがくこうぎょう原料げんりょうなどに使つかう。

天然ガス

  • 地中ちちゅうからふきす、えるガス。

混乱

  • みだれて、まとまりがなくなること。

関連かんれんニュース

中国人ちゅうごくじんきたいくに」で日本にっぽんはじめて1ばんになる

中国ちゅうごく トランプ大統領だいとうりょうるため「故宮こきゅう」がやすみになる

空気くうき汚染おせんなどが原因げんいんで900まんにんくなる

中国共産党大会ちゅうごくきょうさんとうたいかいはじまる

普通ふつうのニュース

北京ぺきん PM2.5濃度のうど 大幅おおはば減少げんしょう発表はっぴょう 対策たいさく成果せいか強調きょうちょう