鎌倉の長谷寺 夕方になるとライトをつけて紅葉を楽しむ

神奈川県かながわけん鎌倉市かまくらし長谷寺はせでらには、もみじのが120ぽんぐらいあります。さむおおくなって、もみじのあか黄色きいろわりました。

長谷寺はせでらはきれいな紅葉こうようてもらうために、夕方ゆうがたになるとライトをつけています。紅葉こうようひとたちは、てらにわをゆっくり散歩さんぽしたり写真しゃしんったりしてたのしんでいました。

東京とうきょうから大学生だいがくせい女性じょせいは「いまがいちばんきれいなときだとおもいます。感動かんどうしました」とはなしていました。ちかくにんでいるお年寄としよ女性じょせいは「とてもすてきでした。もう一度いちどたいです」とはなしていました。

長谷寺はせでらでは12がつ10日とおかまで夕方ゆうがたライトをつけています。

単語たんご

ライト

  • ひかり照明しょうめい
  • あかるいこと。
  • かるいこと。

紅葉

  • あきになって、あかくなること。また、その

感動

  • あるものごとに、こころつようごかされること。

年寄り

  • としをとったひと老人ろうじん
  • 力士りきし引退いんたいして、日本にほん相撲すもう協会きょうかい役員やくいんになったひと

すてき

  • すばらしいようす。

普通ふつうのニュース

鎌倉かまくら 長谷寺はせでら紅葉こうよう ライトアップ