こおったつちなかから1まんねんまえにいなくなった動物どうぶつつかる

2017ねん11がつ17にち 1230ふん NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

「ホラアナライオン」はマンモスおな時代じだいにいた肉食にくしょく動物どうぶつで、1まんねんぐらいまえ全部ぜんぶいなくなったとわれています。いままでホラアナライオンの化石かせきはあまりつかっていないため、くわしいことはわかっていません。

日本にっぽんとロシアの研究けんきゅうグループは15にち、ロシアのサハ共和国きょうわこくこおつちなかからおととし、ホラアナライオンのあかちゃんを2ひきつけたと発表はっぴょうしました。このなかの1ぴきからだおおきさが40cm、おもさが3kgでした。かおにはのこっていて、ねむっているようにえるぐらいきれいでした。

研究けんきゅうグループくわしく調しらべると、このホラアナライオンは5まんねん以上いじょうまえまれて、まだ1かげつになっていないあかちゃんだとわかりました。

研究けんきゅうグループ東京慈恵会医科大学とうきょうじけいかいいかだいがく鈴木すずき直樹なおき教授きょうじゅは「ホラアナライオンがいまライオンなにちがうかや、どのようなところきていたか調しらべたいです」とはなしています。

凍る

  • さむさのために、みずなどの液体えきたいかたまる。こおりになる。

  • いわいしがくだけて、こなになったもの。どろ。
  • 陸地りくち表面ひょうめん地面じめん

マンモス

  • 百万年前ひゃくまんねんまえから一万年前いちまんねんまえぐらいに、アジア・ヨーロッパのさむ地方ちほうにすんでいた、ゾウにたけもの。ゾウよりもおおきくてきばがながく、全身ぜんしんながでおおわれていた。
  • 非常ひじょうおおきいことをあらわすことば。

肉食

  • 動物どうぶつにくべること。
  • ひとが、おもに肉類にくるいべること。

化石

  • 大昔おおむかし動物どうぶつほねかいがら、植物しょくぶつなどが、いしのようになっていわつちなかのこっているもの。

詳しい

  • こまかい。
  • こまかいことまでよくっている。

グループ

  • 仲間なかま集団しゅうだん

発表

  • おおくのひとひろらせること。

詳しい

  • こまかい。
  • こまかいことまでよくっている。

教授

  • 大学だいがく先生せんせい
  • ひとにものをおしえること。また、そのひと

ライオン

  • アフリカなどの草原そうげんにすむ、けもの。おすは、ながいたてがみがある。「百獣ひゃくじゅうおう」といわれる。しし。