NASA「月の地下で宇宙飛行士が生活できるかもしれない」

NASAは2030ねん〜2039ねん火星かせい宇宙飛行士うちゅうひこうしおくりたいとかんがえています。そのために、つき宇宙飛行士うちゅうひこうし生活せいかつする場所ばしょつくることを計画けいかくしています。

アメリカの議会ぎかい9日ここのかNASAがこの計画けいかくについてはなしました。NASAによると、ひとつきくときにいちばんおおきな問題もんだいになるのは宇宙うちゅうから放射線ほうしゃせんです。

先月せんげつ日本にっぽん人工衛星じんこうえいせい「かぐや」があつめたつきデータから、つき地下ちかながさ50kmのおおきなあながあることがわかりました。NASAは「つき地下ちかあな放射線ほうしゃせんとどないため、宇宙飛行士うちゅうひこうし生活せいかつすることができるかもしれない」といました。そして、これからつきロボットなどをおくって、くわしく調しらべるといました。

単語たんご

NASA

  • 宇宙開発うちゅうかいはつのためにつくられた、アメリカ政府せいふ機関きかん。スペースシャトルの開発かいはつなどをする。

地下

  • 地面じめんした地中ちちゅう
  • んだひと。あの
  • 秘密ひみつ場所ばしょ

宇宙飛行士

  • 宇宙船うちゅうせん宇宙うちゅうステーションの乗組員のりくみいん

火星

  • 惑星わくせいひとつ。太陽たいようから四番よばんめのほしほしいろあかえ、衛星えいせいふたつある。

議会

  • 国民こくみんえらばれた議員ぎいんあつまって、くに地方ちほう政治せいじについてはない、めをするところくに議会ぎかい国会こっかいと、都道府県とどうふけんなどの地方議会ちほうぎかいとがある。

宇宙

  • 地球ちきゅう太陽たいようほしなどのある、てしなくひろ空間くうかんのこと。地球ちきゅう太陽たいよう中心ちゅうしんにして銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうにあり、この銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうのようなものがたくさんあつまって宇宙うちゅうつくっている。

放射線

  • ウランやラジウムなどの放射性ほうしゃせい元素げんそがこわれて、ほかの元素げんそわるときにすもの。大量たいりょうびると有害ゆうがいである。

人工衛星

  • ロケットでげ、地球ちきゅうまわりをまわるようにした、人間にんげんつくった衛星えいせい宇宙うちゅうのようすや気象きしょうなどを調しらべたり、通信つうしん放送ほうそうなどの電波でんぱ中継ちゅうけい役立やくだてたりする。

データ

  • かんがえるもとになる材料ざいりょう事実じじつ
  • コンピューターで使つかえるように、数字すうじ記号きごうきかえられた資料しりょう

  • くぼんだところ
  • こうまでつきぬけている部分ぶぶん
  • よわいところ。
  • そん不足ふそく

届く

  • おくったものく。
  • のばしたものが、つく。
  • きわたる。
  • ねがいなどがかなう。

ロボット

  • 電気でんき磁気じきちからうご人形にんぎょう人造じんぞう人間にんげん
  • 工場こうじょうなどで人間にんげんわって、作業さぎょうする機械きかい
  • (いつも)ひといなりになってうごひと

詳しい

  • こまかい。
  • こまかいことまでよくっている。

普通ふつうのニュース

つき巨大きょだい空洞くうどう宇宙うちゅう飛行士ひこうし居住きょじゅう空間くうかんに NASA