100万冊の本が並ぶ「神田古本まつり」が始まる

東京とうきょう神田かんだには、ふるほんわったほん古本ふるほんみせあつまっていて、毎年まいとしあきに「神田かんだ古本ふるほんまつり」というもよおひらいています。

今年ことしは100けんぐらいのみせ参加さんかして、27にちからはじまりました。みせまえみちなどに文学ぶんがく歴史れきしなどいろいろなほんが100まんさつぐらいならんでいます。大勢おおぜいひとて、興味きょうみがあるほんさがしていました。外国人がいこくじん大勢おおぜいていました。もよおひらいた団体だんたいは、古本ふるほんみせおお神田かんだ外国人がいこくじんにも有名ゆうめいだとっています。

神奈川県かながわけんから女性じょせいは「どものほんさがしにました。にぎやかでとてもたのしいです」とはなしていました。このもよおは11がつ5日いつかまでです。

単語たんご

催し

  • かいなどの計画けいかく。くわだて。
  • もよおもの

参加

  • 仲間なかまはいること。

団体

  • 大勢おおぜいひとあつまり。
  • おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

普通ふつうのニュース

神田かんだ古本ふるほんまつり 100まんさつ古書こしょなら東京とうきょう